1. エアロスペース・サプライヤー

エアロスペース・サプライヤー

変動する需要に対応するには、スケジュール、目標、予算の範囲内で引き渡しするための新たなサプライヤー戦略が必要です。

OEM 引き渡し

航空機サプライヤーのお客様企業は、開発および生産プログラムに関連するビジネス・リスクをどのように共有・管理できるのか。

ビジネスの課題

リスクと責任をサプライチェーンが負担

航空宇宙企業からの容赦ない価格圧力と要求の高まりを受けて、サプライチェーンの頂点または頂点付近に位置する大手のお客様企業は、小規模で下層に位置する部品およびサブシステム メーカーにイノベーションや生産性向上の責任をさらに負担させる方向へと動いています。サプライヤーのお客様企業は、10~15 年の長期供給契約を結び、定期的な値下げを約束し、不具合が生じた場合の責任を引き受けるように求められています。それに対応するために、大幅なコスト削減を達成し、納期を厳守する必要があります。さもなければ、多額のペナルティが課せられます。

お取引先企業の要求は非常に厳しく、納期と予算への期待が極めて高くなっています。

Stephen Shaffer 氏
GDC Technics 社、最高情報責任者
ビジネスの課題

コスト抑制、複雑な部品の設計と納入

航空宇宙のサプライヤーお客様企業は、大幅なコスト削減と品質確保の責任を負っており、さらにますます複雑になるコンポーネントやシステムを構築して、今日の需要を満たさなければなりません。このため、新たなエンジニアリングおよび製造能力に多額の投資を行い、イノベーションを加速しながら、ユニット当たりのコスト削減に努める必要があります。

生産されるサプライヤー部品が航空宇宙システムに占める割り合いは 50%~60% です。

Bob Stevens 氏
ロッキード・マーティン社、経営執行役会長
ビジネスの課題

高まる航空宇宙・防衛産業の需要と生産レートのアジリティ

商業用航空機メーカーは、8 年分に相当する未処理受注を抱えています。この需要に対応するために、サプライヤーのお客様企業は、製造工場を再編して無駄を省き、よりアジャイルで接続された施設を進展させて、業務効率を高める必要があります。

サプライヤーの 5 分の 1 は、要求される生産規模の拡大に対処できない可能性があります。

プライス・ウォーターハウス・クーパース社
上昇、下降: 航空機メーカーは生産レート アップの問題を防ぐことができるのか?
ビジネスの課題

エア トラベルの需要、グローバリゼーション、新たな市場の増加

エア トラベルは、世界中で中流階級が増加していることを受けて、今後 20 年間に年間 5% 超の勢いで増加すると予想されています。この需要に対応するために、OEM および一次サプライヤーは、再編および高成長市場により深く参入して有効なテクノロジーを獲得し、新たな販売機会を獲得できる地位を確立しようとしています。さらに、地域の新たな OEM の成長も、このグローバルな傾向を後押ししています。OEM はサプライチェーンを統合して効率アップを図っているため、サプライヤーは開発途上国市場に参入するか、相応のリスクを負う必要があります。

2035 年には乗客数が 72 億人に膨れ上がると予想されます。これは 2016 年の 38 億人のほぼ倍の数字です。

国際航空運送協会 (IATA)
20 年間の乗客見通し