機体メーカー

スケジュール、目標、予算の範囲内で製品を引き渡しすることで、拡大する航空機需要に対応します。

航空宇宙産業の全体像の把握

航空宇宙産業の見込み客との商談は、そのほとんどが容易ではありません。OEM のお客様企業が現在直面している課題と機会。

ビジネスの課題

高まる需要と大量の未処理受注の管理

グローバルな商用航空宇宙産業では、飛行機を使った旅行の増加や稼働率の上昇により、収益や売上の大幅増加が引き続き期待されます。航空会社や運営会社では、古くなった機体を廃棄して、新たな素材、複合材、テクノロジーを採用した最新の省エネ機に入れ替える動きが加速しています。今後 20 年間で 43,000 機を超えると予想される、この記録的な需要に対応するために、航空機 OEM (相手先ブランド製造企業) のお客様企業は、設計、生産、納入のあらゆる側面を変革し、さらなる効率化とカスタマイズを図る必要があります。

プロセス、手法、ツールを統合したことが貴重な時間の節約につながり、その分イノベーションに費やすことができました。

Didier Evrard 氏
エアバス社、エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼A350 XWBプログラム責任者
ビジネスの課題

製品開発と製造におけるイノベーションを推進

100 年を超える画期的なテクノロジーの進歩に支えられた航空宇宙産業は、今後 10 年間に複数の分野で同様に大規模な発展を遂げると予想されます。

OEM のお客様企業は、高度な材料、ロボット工学、積層造形、人工知能、高度な解析やその他のテクノロジーの導入方法を検討する必要があります。このようなテクノロジーを通じて、サプライチェーンとともに、有人および無人システムの実現、商業用航空機での燃費の改善、信頼性の向上、全体的なコスト効果の改善における効果と汎用性を高めることが求められています。

重要なのは、システムの形状だけではなく複雑さも理解して、いかにして全体的な設計に組み込むかを考えることです。

Simon Briceno 氏
ジョージア工科大学、航空宇宙システム設計研究所、リサーチ・エンジニア
ビジネスの課題

デジタルな連続性による製造アジリティの向上

アナリストによると、エラーと無駄の 30% 以上は生産段階で発生しています。OEM のお客様企業は、複雑化するシステムの管理、厳しい納期目標の達成に苦心しています。

お客様企業は、Industry 4.0、スマート・マニュファクチャリング、接続された工場といった用語に象徴される、未来の工場を模索しています。つまり、高度に自動化され、相互接続された製造機能を擁し、市場の需要に応じて規模を拡大縮小できる工場です。

この製造アジリティの向上により、OEM とそのサプライチェーンの効率が高まり、無駄が減り、製品開発サイクルが短縮され、市場の需要に応えることができます。

リードタイムを短縮して最適化し、業務効率を改善できることから、新規機械の受注が順調に増加しているため、このメリットは重要な差別化要因になります。

Jean-Luc Sturlèse 氏
エアバス・ヘリコプターズ、生産フロー管理部門、副社長
ビジネスの課題

地域のプレーヤーや新興航空機メーカーの参入

市場に参入する地域の OEM や新興メーカーが増加する中、よりアジャイルで、大きなリスクを求める商業活動が広まっています。その結果、かつてない勢いで急速にイノベーションが進んでいます。

新たなテクノロジーにより、かつて存在した参入ハードルが低くなったことで、中核市場で新興プレーヤーが足場を固めるだけでなく、従来のプレーヤーの牙城を崩すことも可能になっています。

新製品を作成、開発、製造し、お客様の期待に応える、新たなプロセス改善方法を常に模索しています。

ウルベルト・ペレイラ氏
エンブラエル 社、エンジニアリングおよびテクノロジー担当バイス・プレジデント

スケジュール、目標、予算を順守して引き渡し

ダッソー・システムズのソリューションが機体メーカーをどのように支援しているかご確認ください。構想から就役に至るプログラム進行を最大50%早めて、提携により落札数を増やし、プログラムの成熟を早めて、生産率を向上させ、製造を迅速化し、認定を予定どおりに取得できるようにサポートします。