1. クリアード・トゥー・オペレート
  2. エアクラフト・エアロダイナミック・パフォーマンス

エアクラフト・エアロダイナミック・パフォーマンス

独自のソリューション・セットにより現実的な条件で航空機の空力性能の向上

現在、航空機の設計と証明は航空機の空力性能のシミュレーションにより大きく支えられています。飛行中の飛行性能の予測と設計の指針が標準的なシミュレーション・ツールによって日常的に行われています。ただし、現在の標準的なシミュレーション・ツールでは、航空機の設計範囲外および着氷状態での信頼度の高い性能予測を行うことはできません。

離着陸性能および着氷状態での挙動の評価は、風洞および飛行試験での物理テストに大きく依存しています。これらのテストはリードタイムが長いため、プログラムの後期でようやく設計上の問題が発見されるという重大なリスクを引き起こします。これによって設計に不必要に安全の糊代をつけることになり、効率が低下することがよくあります。現在、認定に関係する飛行条件のほとんどは、現在のシミュレーション技術の範囲外であり、そのため設計の初期段階では確認できません。

エアクラフト・エアロダイナミック・パフォーマンスでは独自のソリューション・セットにより、高揚力および巡航構成ならびに乾燥・凍結条件の両方で航空機の飛行包絡線全体の空力性能の検査を可能にします。高精度のソリューションを効率的に獲得するには、さまざまな範囲の飛行包絡線に対して異なる CFD 手法が必要です:業界標準の RANS ソルバーが、巡航飛行条件に最適です。

エアクラフト・エアロダイナミック・パフォーマンスには、これらの機能全てが含まれており、さらにエンジニアが最適化および自動化タスクを実行できるツールが補完されています。