共同設計でゴールを目指す

航空宇宙プログラムの納期、要件、仕様を順守。

available on premise

プログラムの50% 超は、当初の納期を達成できていません。こうしたプログラムの遅れは、多くの場合、設計段階で回避できたはずの問題が後工程の製造プロセスで発覚することが原因です。現在では、最終システムを組み立てる前に潜在的な問題を特定することが非常に困難になっています。

コデザイン・トゥー・ターゲットを導入することで、相手先ブランド製造企業 (OEM) は、分散したツール、組織、プロセスを単一のストリームに統合し、統合されたシステム・デジタル・モックアップ (DMU) で形状、適合性、機能を最適化できます。このシステム DMU を利用することで、プログラムのコストやスケジュールに多大な影響を及ぼす多くの統合問題を回避できます。

3DEXPERIENCE® プラットフォームによるデジタルな連続性は、すべての部署、拠点、サプライヤーの主要業績評価指標 (KPI) をリアルタイムで表示することでプログラムの集約を促進します。このため、先を見越してプログラムを順調に進めることができます。

3 minutes 49

共同設計でゴールを目指す のベネフィット

  • プログラムをリアルタイムで管理

    関係者は、すべての主要業績評価指標を即座に確認するとともに、成果物の完全なトレーサビリティーを得ることで、プログラムのステータスを常に把握できます。

  • コストを削減し、品質を改善

    複数分野のシミュレーションにより、プログラムの遂行を改善し、パフォーマンス、信頼性、コスト目標を達成します。

  • 設計による卓越した製造を達成

    ファンクショナル・デジタル・モックアップにより、エンジニアリング設計と製造設置プロセスを効率的に統合・検証し、コストのかかる後工程での問題を回避します。

共同設計でゴールを目指す

コデザイン・トゥー・ターゲットを使用することで、プログラムの遂行を改善してコスト、スケジュール、パフォーマンス目標を達成し、契約上のペナルティの可能性を回避して、エンジニアリングの複雑さを低減できます。

成功事例

SAFRAN Transmission Systems 社におけるゼロ デフェクト設計の達成

SAFRAN Transmission Systems 社は、航空宇宙関連のトランスミッション システムを製造する世界的なメーカーです。同社は、急速に発展する航空宇宙分野の品質要件を満たすために、ゼロデフェクト設計を達成したいと考えていました。Safran 社は、コデザイン・トゥー・ターゲットにより、どのように生産性を 30% 向上させ、品質アップを達成したのか。

3 minutes 57