エアフレーム・コンポジット・エンジニアリング

シミュレーションと最適化を備えた、統合型コンカレント構造的複合材解析と有限要素解析

複合材は現在、重量、腐食、構成可能性、メンテナンス・コストなど、航空機の性能全体にわたって貢献実績があります。現在、複合材部品の開発ライフサイクル全体にわたって企業課題が広がっています。CAD 設計者、シミュレーション解析担当者、製造エンジニアがトランスファー・サーフェスの定義、設計制約、積層および表面の定義に至るまでのイテレーションに要する時間およびデータ損失に対処する方法が必要とされています。

3DEXPERIENCE® プラットフォームを基盤とするエアフレーム・コンポジット・エンジニアリングは、プロセス指向のアプリケーションで複雑な複合材部品の設計、検証、製造を実現します。 アセンブリー構造の定義や規模の事前調査から、構造的複合材解析を統合することで、複合材部品の性能と重量を定義および最適化できます。 さらに、複合材分野のルールと製造上の制約を考慮して、設計プロセス全体にわたって、開発コストとプロトタイピングを最小限に抑えることができます。

シミュレーション、設計、製造のコラボレーションとコンバージェンスを合理化することで、生産性と品質を新たなレベルに引き上げることができます。また、レーザー照射装置を含む、下流の製造プロセス用にクラス最高の複合材を製造できます。