防衛

イノベーションを加速して、納期、コスト、スケジュールを順守して引き渡し。

航空宇宙産業の全体像の把握

防衛予算は再び増加に転じていますが、非効率の懸念は解消されていません。防衛産業が現在直面している課題と機会。

ビジネスの課題

増加する世界の防衛投資

不安定な世界情勢の中、防衛設備の最新化というかつてない時期が訪れています。世界中の国々は、脅威に対応し、最新の防衛力をサポートするために、性能が高く持続可能な兵器システムの開発に多額の投資をしています。現在の予算予測では、この投資額の増大は 2024 年まで、あるいはそれ以降も続く可能性があります。

兵器の最新化は加速しており、長年見たことのない状況を迎えつつあります。

Robert Whitman 代表
米国下院軍事委員会、シーパワーと投影部分科会
ビジネスの課題

コスト削減の促進と責任の拡大

防衛予算は再び増加に転じていますが、構造的な間接費や非効率の懸念は解消されていません。防衛産業のお客様企業は、従来の特注の開発モデルの改良を目指しています。これまでの開発アプローチは、最先端の開発やコンプライアンス要件の負担が重くのしかかり、高いコスト構造が定常化し、開発サイクルが長期化し、市場の先行投資能力にも限界がありました。防衛関連請負のお客様企業は、サプライチェーン全体にわたってプログラムを管理し、納期とコストを順守する引き渡しを改善する必要があります。

さらなる透明性が必要とされているため、購入する製品のコスト削減を達成する必要があります。

Shay D. Assad 氏
米国防総省、防衛価格担当責任者
ビジネスの課題

最先端のテクノロジーを統合

世界中の防衛関連請負のお客様企業は、高度なテクノロジーを新たな兵器システムに組み込むことで、有人および無人システムで高い効果と汎用性を達成したいと考えています。人工知能、高度な解析、新素材、高度な生産手法への信頼が高まる中で、システム性能は引き続き向上し、コスト削減も進みます。このような新しい機能を統合し、現在の軍事に求められる要件に対応する必要があります。