1. パッセンジャー・エクスペリエンス

パッセンジャー・エクスペリエンス

カスタマイズされたコスト効率の高い認定済みのキャビン・エクスペリエンスにより、競合上の優位性を確保。

available on premise

今後 20 年間で 43,000 台以上の新規航空機が必要とされると予想されています。この記録的な需要に対応する商業用航空機メーカーや航空会社のお客様企業は、競争の激化、コスト上昇、規制およびエンジニアリング認定要件の増加を克服して成功を収めなければなりません。

優位性を追求するメーカーお客様企業は、競争力を維持するために、設計、生産、引き渡しのあらゆる側面を変革し、さらなる効率化とカスタマイズを図る必要があります。

航空宇宙業界のメーカーお客様企業は、オープン イノベーション、共同創出、大規模なカスタマイズなど、パーソナル化されたサービスや製品を提供することで、機内キャビン エクスペリエンスを改善しています。

パッセンジャー・エクスペリエンスは、エンジニアリング、製造、認定プロセスのエモーションとオートメーションを組み合わせたプラットフォームを提供します。これにより、コンプリーション センターはパーソナル化されたキャビン インテリアを実現することで、収益性を高められるようになります。デジタルな連続性をセールスやマーケティングに拡大することで、航空宇宙関連企業のお客様は、魅力的な新しいエクスペリエンスを定義し、リアルなビジュアル資産を容易に作成して、新たな収益につなげることができます。

パッセンジャー・エクスペリエンス のベネフィット

  • キャビン エクスペリエンスをパーソナル化

    パッセンジャー・エクスペリエンスを活用してエンジニアリング、製造、認定プロセスを自動化することで、機内設備完成のエンジニアリング コストを最大 60% 削減できます。

  • マーケティング エクスペリエンスをパーソナル化

    セールスおよびマーケティングのあらゆるパッセンジャー タッチ ポイントで、パッセンジャー・エクスペリエンスを活用することで、ブランド認知度を強化し、コンテンツの作成作業を 45% 削減できます。

パッセンジャー・エクスペリエンス

パッセンジャー・エクスペリエンスは、セールス サイクル全体でハイエンドな 3D 視覚化を実現して購買エクスペリエンスをパーソナル化し、キャビン パーソナル化プロセスを自動化することで、収益の強化に貢献します。