プラン・フォー・パッセンジャー・ジャーニー

卓越した機内エクスペリエンスをプロモーション。

プラン・フォー・パッセンジャー・ジャーニーは、オンライン予約から広告、空港サービス、機内エクスペリエンスに至るまで、あらゆるパッセンジャー タッチ ポイントに対応する優れたマーケティング素材を制作できます。機内での過ごし方がご乗客の選択の一つになっていることから、キャビン プロモーションは、航空・宇宙産業で飛躍的に成長している領域です。

3D データを使用することで、グローバル マーケティング チームは、マウスをクリックするだけで、キャビン内や機材の外観のリアルな画像や動画を作成できます。機材開発の初期段階で作成した 3D データを以降の段階で転用できるため、キャビン製造のかなり前にハイエンドなビジュアル資産を作成できます。プラン・フォー・パッセンジャー・ジャーニーは、マーケティング部門において、既存の機材をプロモーションできるだけでなく、新型キャビンのデザインを盛大に発表することもできます。

デジタル テクノロジーによって、実物の写真を撮ったり高価なフィルム セットを用意したりする必要がなくなります。また、デジタル イメージ コンテンツを利用することで、幅広いマーケティング目的や、増え続けるデジタル チャネルとデバイス (パーソナル化されたパンフレットや広告など) にすばやく適合できます。