1. レディー・フォー・レート
  2. パーツ・ファブリケーション・プロセス・エンジニアリング

パーツ・ファブリケーション・プロセス・エンジニアリング

3D 設計データを利用して、部品製造​​プロセスの製造計画と作業指示書を作成、可視化、文書化

工業化プロセスを担当する部品製造企業のお客様は、必要なすべてのデータを製造現場に提供して、最適な製品を構築する必要があります。

パーツ・ファブリケーション・プロセス・エンジニアリングは、エンジニアが繰り返し利用できる製造計画と作業指示を定義し、エンジニアリング設計に従って指定された各部品を提供することで、新製品の導入 (NPI) を加速させることができます。製造エンジニアが内製/購入決定、サプライヤー仕様、コスト目標を比較して、最もコスト効果の高い意思決定を行うことができます。EBOM から MBOM へのトレーサビリティを容易に比較、検証、利用して、変更プロセスを迅速化して全体的な生産性を向上させ、変更を製造現場に即座にリリースできます。またエンジニアが製造リソース用のツールや治具を設計できます。

パーツ・ファブリケーション・プロセス・エンジニアリングにより、グローバルな製造特性を管理し、一貫性を実現し、ノウハウを定式化することができます。