ロボット・プログラミング & シミュレーション

3D セル・レイアウト、デバイス、ロボット・ワーク・セルの作成、シミュレーション、プログラム、検証

航空宇宙・防衛産業の製造プロセスの自動化が、アーク溶接、スポット溶接、マテハン、塗装、機械加工、ショット・ピーニング、研磨などの新しいロボット・プロセスの可能性をもたらしています。これらの新しいロボットシ・ステムを仮想的に設計および検証することで、製造に対する設備投資や負担を減らすことができます。プログラムを正確しく実行できることを確認するために、実際のシステムに接続する前に、仮想コミッショニングを実施して、仮想マシン内で制御ソフトウェアを設計、インストール、またはテストできます。

ロボット・プログラミング & シミュレーションにより、従来の構造化組立ラインを検証して、柔軟性および効率性の高い自動化ロボットラインへ移行することができます。これにより、製品ビルドの複数の製造プロセスを取扱い、品質と全体的な効率を向上させることができます。このシミュレーション・ソリューションの主な優位性は、オフライン・プログラミング (OLP) 機能です。これにより、ロボット・システムを正確にプログラミングでき、物理的なリソースを工場の製造現場に配置する必要がなくなります。このソリューションは、協調プログラミング、衝突検知、到達分析、ワークセル・レイアウトなどの機能もサポートします。