リインベント・ザ・スカイ

構想から認証取得までをクラウドで加速

クラウドで利用可能

軽飛行機や多用途ドローンの需要は2020 年までに150 億米ドルに達すると予想されています。スタートアップ企業は、新しい航空モビリティのイノベーションを効率的に実現できるツールを必要とする一方で、IT 関連の費用を最小限に抑えなければなりません。

小型軽飛行機や VTOL (垂直離着陸機) を手掛ける中小企業 (SME) や OEMを支援するリインベント・ザ・スカイ インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスは、構想から認証取得までの製品ライフサイクル全体を加速します。市場にいち早くプロトタイプを発表することで、企業は大きなメリットを得られます。中小企業や OEMは、プロジェクトの進行を最適化し、クラウド版 3DEXPERIENCE プラットフォームのデジタルな連続性を活用することで、製品開発期間中に複雑性を抑え、生産のための設計をすすめられます。クラウドベースのプラットフォームでリインベント・ザ・スカイ ソリューションを使用すると、エンジニアリング、製造、試験、サプライヤー管理など、さまざまなチームをまたいだ優れたコラボレーションが実現します。クラウドベースのソリューション、リインベント・ザ・スカイにより、プロジェクトの成熟度と企業のキャッシュ・フローに応じて、IT コストと規模を縮小することができます。

リインベント・ザ・スカイ のベネフィット

  • 構想からプロトタイプ作成までの期間を短縮

    クラウドベースの単一プラットフォームを活用することで、少ないリソースで構想からプロトタイプ作成までの期間を短縮できます。

  • 構想から飛行までデジタルな連続性を確保

    設計プロセスにおける非効率な作業を排除することで、設計から試験、その後の製造に至るすべてのバリュー・ストリームでデジタルな連続性を確保し、製品品質を確実にします。

  • 継続的な管理

    リアルタイムの重要業績評価指標を通して、チームをまたいだ実行を改善し、認証取得に備えた完全なトレーサビリティを提供します。

リインベント・ザ・スカイ

リインベント・ザ・スカイは、自律型VTOL(垂直離着陸機) や軽飛行機を製造する小規模な OEM向けに、製品イノベーションを可能にするクラウドベースの共通プラットフォームを提供します。このソリューションは、初期の構想から製造、認証取得に至るまでの要件定義、リアルタイム・コラボレーション、トレーサビリティをサポートします。共通のプロセスと部品にアクセスして再利用することで、市場投入までの期間を短縮して収益を改善できます。

成功事例

BRM Aero 社がクラウドでスポーツエアクラフトを開発

スポーツエアクラフトを製造する BRM AERO 社は、優れた設計機能を活用して、お客様の要求に的確に応え、競合を引き離したいと考えています。同社は設計とデータ管理のために、ダッソー・システムズの 3DEXPERIENCE プラットフォームを基盤とするクラウド版リインベント・ザ・スカイ インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを選択しました。

2 分 59