サーティフィケーション・エンジニアリング

新しい構成の型式証明をスケジュール通りに取得

型式証明を取得して飛行できるようにするには、すべての関係者が必要な成果物を作成できるようにオーケストレーションして、認証作業を計画、実行、監視する必要があります。これを怠ると、プルーフのためにレトロエンジニアリングが必要になり、認証に遅れが生じる可能性があります。

3DEXPERIENCE® プラットフォームを基盤とするサーティフィケーション・エンジニアリングは、スタートアップ企業のお客様が規制パイプラインを構築し、耐空性証明機関の Web サイトを精査するのに役立ちます。これにより、コンプライアンスの手段、仮想モデル、手法、数式、以前の結果を管理する科学的パイプラインを構築できます。また、認定プロジェクトのステータス、テスト活動の監視、提出、発行などの情報をダッシュボードで要約して提供することで、意思決定者にも役立てることができます。

情報を一元管理して、データのデジタルな連続性を活用することで、設計意図を証明機関に明確に伝えることができます。