コントロールド・エグゼキューション

システム・デジタル・モックアップで形状、適合性、機能を最適化

製造段階になって見つかる数多くの問題を、設計段階で未然に防ぐことができます。複雑さが原因となり、多くの場合、最終的にシステムを組み立てる前に潜在的な問題を特定することは非常に困難です。

クラウド版リインベント・ザ・スカイののコントロールド・エグゼキューションにより、OEMは分散したツール、組織、プロセスを単一のストリームに統合し、形状、適合性、機能をシステム・デジタル・モックアップ (SDMU) 上で最適化できます。SDMU を活用することで、プロジェクト・コストやスケジュールに大きく影響する統合問題の多くを回避できます。さらに、ドキュメントや 3D モデルなどのコンテンツ共有、コラボレーティブ・モデリング・アプリケーション、機械系や形状エンジニアリングの環境などがオンライン上で利用できるため、生産性を向上させることができます。