1. リインベント・ザ・スカイ
  2. ロータークラフト & eVTOL ビークル・エアロダイナミクス・アンド・パフォーマンス

ロータークラフト & eVTOL ビークル・エアロダイナミクス・アンド・パフォーマンス

空力/空力音響最適化の統合により、新しい推進コンセプトのリスクを軽減

都市部向けの一人乗りおよび輸送業務用の回転翼機および eVTOL ビークルの開発では、当局および委任機関が設定している特定の制限値以下に騒音レベルを抑える必要性が課題となっています。 また、航空機の空力性能のシミュレーションが、航空機の設計と認証において重要な役割りを果たすようになっています。飛行中の飛行性能の予測と設計ガイダンスが標準的なシミュレーション・ツールによって日常的に行われています。ただし、現在の標準的なシミュレーション・ツールでは、航空機の設計範囲外および着氷状態に関して信頼性の高い空力性能を予測できません。

ロータークラフト & eVTOL ビークル・エアロダイナミクス・アンド・パフォーマンスは、PowerFLOW テクノロジーに基づく、正確かつ高速の高忠実度 CFD ソリューションにより、設計プロセスの初期段階ですべての航空機の騒音源を分析して、騒音目標を含んで環境への影響を特定できます。これにより、仮想化された空間での音響聴覚化、ノイズ・フットプリント計算、騒音源検出など、高度な分析ツールと手法を多数組み合わせて、騒音低減を解決する可能性を特定できます。

最小騒音および最小負荷の最適な飛行手順を定義する統合プロセスにより、データのデジタルな連続性と完全な自動化が保証され、時間、作業負荷、人的ミスの発生を低減できます