宇宙

必要な品質、信頼性、安全性を備えたシステムを宇宙関連企業が初回から設計できるように支援します。

航空宇宙産業の全体像の把握

宇宙の商業化により、この冒険的なフロンティアへの関心と投資が急速に拡大しています。成功のために何が必要か。

ビジネスの課題

宇宙への商業的関心と投資の高まり

新規参入企業の多額の投資により、宇宙の商業化分野で新たな成長機会が生まれています。新しい衛星ネットワークおよびサービスにより、日本、中国、インドなどの国々で、宇宙への進出が相次いでいます。同時にヴァージン・ギャラクティック社、スペースX 社、ブルーオリジン社といった民間企業の参入により、宇宙市場はその様相を変えつつあります。これらの企業や宇宙に多額の投資を行うその他の企業は、将来的にロケットや新たな衛星の製造、宇宙旅行を担う可能性があります。

白紙の状態からスタートした、これらの新規参入企業のお客様は、プログラムの遂行方法を変える可能性があります。

ビジネスの課題

宇宙旅行への一般的な関心の高まり

数百もの民間企業や新興企業が、宇宙旅行のコストダウンに貢献するとともに、宇宙探索や小惑星の採掘、さらには新たな惑星への入植に対する一般的な関心も刺激しています。スペース X 社が 2009 年に初めて打ち上げに成功して以来、投資家および政府による民間宇宙関連企業への資金提供は年々増加しています。今や一般市民も準軌道飛行をはじめ、月や火星への入植に興味を示しています。このような関心が今後も宇宙産業の投資と成長を後押しすることになります。

ビジネスの課題

新たなイノベーションにより、参入の障害を撤廃

新たな技術イノベーションにより、より早く、低コストで、宇宙での目標を達成できるようになります。3D プリント、再利用可能な宇宙船、より効率的な製造技術により、新たな競合の新規参入コストが低下し、経験豊富なお客様企業の収益率を高めています。その結果、政府の研究機関、宇宙開発機構、OEM (相手先ブランド製造企業) の関係に根本的な変化が生じています。