1. テスト・トゥー・パフォーム

テスト・トゥー・パフォーム

物理的およびバーチャルなテストを最適化することで、品質を高めてリスクを低減。

available on premise

テストがプログラムのコストと時間に占める割合は 25% ですが、テストの約 4 分の 1 は予定外のものです。テストを早期に実施して改善することで、このような予定外のコストと遅延を排除し、大幅なプログラムの遅延、コスト超過、ビジネスへの影響に発展する可能性がある潜在的な欠陥や障害を特定できます。

テスト・トゥー・パフォームは、バーチャルおよび物理的なテストの活用方法をプログラム全体で拡大して強化します。テスト・トゥー・パフォームは、プログラム ライフサイクル全体を通じて、テスト チームを設計担当と専門アナリストにつなぎます。チーム全体にわたってサイロを排除することで、テストのすべての段階でコラボレーションとトレーサビリティーが向上しました。経営幹部が潜在的な問題を早期に発見し、完全な可視化でより適切な意思決定を行うこともできます。

テスト・トゥー・パフォームは、テスト方法を拡大して、テストの実施時期を明確に定義し、重複作業を削減して、既存のテスト手順と機器を再利用し、コスト削減を達成します。

テスト・トゥー・パフォーム のベネフィット

  • テスト品質と信頼性を強化。

    構想から認定に至るプログラムのライフサイクル全体で、適切なツールと手法を使用できるように支援します。

  • テスト計画の可視性を改善

    リアルタイムの 360° ダッシュボードと完全なトレーサビリティーにより、エンジニアリング、分析、製造、品質管理の各部門で、すべての物理テストとバーチャル テストの結果を調整して解釈できます。

  • テストのコストを削減

    リアルなマルチフィジックスの複数分野シミュレーションを使用し、バーチャル テストを増やしてテストおよび認定コストを 25% 以上削減します。

テスト・トゥー・パフォーム

テスト・トゥー・パフォームは、テスト作業の管理を改善し、プログラムに影響する前に潜在的な問題を明らかにします。複数領域にまたがるチームが、統合されたダッシュボードでテスト計画を最適化し、テスト結果を評価することで、認定に備えて製品パフォーマンスを検証および確認できます。

成功事例

絶対ミスが許されない。彗星への着陸。

2014年11月12日、科学者たちは、彗星に初めて宇宙探査機を着陸させました。着陸は一回で成功させなければなりませんでした。

科学者のマーティン・ヒルチェンバッハ博士と彼のチームは、フィラエ探査機の着陸シナリオをモデル化し、成功に貢献する設計変更をもたらしました。マルチボディ・シミュレーションを使用することで、地上での物理テストを実施することなく、偉業を達成しました。

2 分 45

テスト・トゥー・パフォームの内容

テスト・トゥー・パフォームは、物理的およびバーチャルなテスト作業を 1 つのプラットフォームに統合します。これにより、単一の徹底したテスト戦略を策定し、テスト手法を構築し、テストの実施と解釈を行って、潜在的な障害のリスクを低減し、プログラムの要件を確実に満たすことができます。