1. ウィニング・コンセプト
  2. マルチディシプリン・トレードオフ・アナリシス

マルチディシプリン・トレードオフ・アナリシス

複数の技術分野にわたる設計調査とトレードオフ分析により、イノベーションを加速

最新のシステムは、複雑な技術統合の頂点に位置付けられます。設計時間、テスト、投資の面で、これらのシステムの開発コストは過去 5 年間で大幅に増加しています。さらに、システムの複雑化とその結果生じる開発の負担は、設計に使用されるメソトロジーや手法をはるかに先回りしています。

3DEXPERIENCE® プラットフォームを基盤とするマルチディシプリン・トレードオフ・アナリシスは、アーキテクチャと構想設計を連携させて、お客様の相反するパフォーマンス・ターゲットを満たします。感度分析と「What-If」シナリオをオーケストレーションしてコストおよび製造モデルを開発プロセスの初期段階で統合し、コンセプトの信頼性と堅牢性を評価します。選択したアーキテクチャ、代替アーキテクチャまたはソリューションが全体的なパフォーマンスに関連する開発を進めることができる最適なコンセプトであることを、製品マネージャーや設計者が確信できます。

複数の技術分野にわたるトレードオフ分析により、初期のコンセプト・フェーズの入札プロセスで製品の潜在的な収益を把握し、イテレーションごとのエンジニアリング・サイクル時間を短縮してイノベーションを加速させることができます。