リーズン・ツー・ビリーブ

ハイインパクトなストーリーテリングに基づく意思決定の改善

ジョージ・バーナード・ショーは、「コミュニケーションにおける唯一最大の問題は、それが達成されたという幻想である」と述べています。イノベーション・フェーズにおいて、エンジニアリング・チームは、多種多様な参加者全体にわたって共有できる、わかりやすい形式でアイデアを説明する必要があります。これは、信頼する理由を与える必要がある外部の関係者に対処する場合にも当てはまります。これがウィニング・コンセプトです。

リーズン・ツゥー・ビリーブは、ライブの対話型のリアルなエクスペリエンスで、書面による作業や静止画に伴う複雑さを克服できます。リアルタイムの開発データを活用して最終提案の信頼性を高めて、お客様や社内の関係者に対するコンセプト提案を検討してビジネスを獲得できます。

やり直しや時間ロスの原因となる、典型的なツールの不連続性およびエンジニアリングとマーケティング間の情報の不一致が排除されます。