ウィニング・プログラム

最適化された構想および提案とともに、それを実現するノウハウにより、成功率を高めます。

available on premise

プログラムの構想段階または初期設計段階に行われたコスト判断の 70% は、総ライフサイクル コストの 80% に影響します。このように初期段階に適切な選択を行える企業は、最大の成功を収めます。

航空宇宙・防衛産業のお客様企業は、ウィニング・プログラムにより、1,000 倍多い構想をバーチャルに検討することで、新しい製品を定義したり、ビジネスを獲得したりできます。また、コスト、パフォーマンス、製造性に合わせて設計を最適化し、時間と予算を順守して確実に引き渡しすることができます。

必要なシステムエンジニアリングの選択肢を包括的に分析し、関連するトレード研究を実施して、提案やオファーの精度と忠実性を微調整できます。さらに、ウィニング・プログラムは、エンドツーエンドのプロセスを取り込むため、主なプロセスや要素を再利用するとともに、戦術的な提案およびプログラム管理に要する時間を最小限に抑えることができます。その結果、航空宇宙・防衛産業のお客様企業は、提案の管理ではなく、製品のイノベーションにより多くの時間を割くことができます。

4 minutes 41

ウィニング・プログラム のベネフィット

  • 効率的かつ効果的な入札プロセス

    単一のプラットフォームを活用し、少ないリソースで提案を作成して検証。

  • 引き渡しが可能であることを証明

    高度なシミュレーションと視覚化により、設計プログラムを納期、予算、仕様を順守して引き渡します。

  • ビジネス獲得のための最適化

    1000 倍多い設計案を検討し、要件とともに予算や時間的制約に最も適したオプションを選択。

  • 増産サイクルを短縮

    入札段階で構想を検証し、下流工程での詳細設計および生産の手間を軽減。

ウィニング・プログラム

ウィニング・プログラムは、プロポーザル オーサリング、コンセプト代案の定義、分析のトレード プロセスを単一のビジネス プラットフォームに統合することで、新しいコンセプトと入札提案の成功率を高めます。最適なバランスの機能とコストで、お客様の要求を満たす最善の提案を展開できます。

成功事例

ジョージア工科大学による複雑な航空宇宙システムの克服

ジョージア工科大学は、無人航空機 (UAS) などの複雑なシステムの開発コストを削減し、開発時間を短縮する必要に迫られていました。ウィニング・プログラムが、物理的な試作品なしで構想設計の最適化をどのように加速させたのか。

2 minutes 57