建築物

建築物は暮らしと社会に不可欠な存在です。現代の建築環境を整えるには、透明性、効率性、結束、技能の統合が必要です。

問題解決からフューチャー・テスティングへの移行

フューチャー・テスティングにより、AEC チームは問題を発生前に予測し、革新的なアイデアを活用して、競争上の優位性を獲得することができます。

ビジネスの課題

プロジェクト施主にとって無くてはならない存在になる

これまでとまったく異なる側面から建築物について伝えましょう。従来の設計手法では、施主に対して、最終的なプロジェクト成果物を実際に画像化・視覚化することは困難です。 施主に対してプロジェクトを明確に視覚化できるようにして、透明性の高い方法で、オープンなコミュニケーションを図ることで、信頼を高め、期待しているものを手に入れることができるという確信をもたらすことができます。 プロジェクト・チーム全体で健全な意思決定を促進することで、施主にさらなる価値がもたらされ、プロジェクトのあらゆる段階で最適な成果が得られます。

何を考察しているのか、何を設計しているのか、また完成したらどのように見えるのかを可視化できるようにしています。これによってお客様は、2D 図面では絶対に達成できないレベルの安心感と確信を得ることができます。

Shannon Cole 氏
Zahner 社、上級プロジェクト・エンジニア
ビジネスの課題

技能を最新化

最新のツールと知識のデジタル化は、建築環境の構築方法を変革しています。建築設計者、エンジニア、契約業者、ファブリケーション業者は、かつてないレベルの精度と管理を達成しています。

AEC 専門家は、次のレベルの品質と効率性に到達しようとしています。

高度なアーキテクチャ設計ソリューションにより、迅速な反復設計が可能になり、さまざまな可能性が広がります。統合型のコラボレーション・システムにより、下流のサプライ・チェーン・パートナーもプロセスの早期段階で貴重な情報を提供できるようになります。

3D EXPERIENCE のテクノロジーなしでは、[ボツワナ・イノベーション・ハブ]プロジェクトの遂行に必要な管理能力と詳細情報を得ることはできなかったでしょう。

John Cerone 氏
SHoP Architects 社、アソシエート・プリンシパル
ビジネスの課題

パフォーマンスを最大化してスピード、効率、精度を向上

業界のプロジェクトベースの性質と断片化により、AEC チームが単一のプラットフォームでデータを標準化し、効率的に共有することは困難になっています。さらに、競争入札制度や機能のサイロ化によって、見積りが膨らみ、成果が縮小されています。

より科学的な施工プロセスでは、従来の業界の慣行を分析し、コラボレーション、実行、情報に関する思い込みを再考する必要があります。プレハブ、4D モデリング、リアルタイムのプロジェクト管理ツールといったイノベーションは、チームが最初から正しく建築することを可能にします。

建物の完全な構造とすべての部材の組み立てをチーム全体で分析し、プロジェクトを実行する最短の方法とプロジェクトを引き渡す最適な方法を見い出すために、シミュレーションは実に重要でした。

Javier Glatt 氏
CadMakers 社、共同創業者兼 CEO
ビジネスの課題

すべてのプロジェクト関係者を結束させる

AEC プロジェクトごとに、チーム・メンバーは新たに編成されます。国も言語も多様な分散したチーム間で効果的にコミュニケーションをとり、連携するのは難しいことです。重要なのは、すべてのプロジェクト関係者にわたってデータをオープンに共有して正確に伝達することと、情報を各部門に関連した一貫したものになるように変換することです。プロジェクトに包括的なアプローチを採用し、結果全体を視覚化して参照することで、全員を同期し続けることができます

3DEXPERIENCE プラットフォームは、この革新的なプロセスを可能にする、柔軟でオープンなプラットフォームです。

Chris Sharples 氏
SHoP Architects 社、共同創業者