都市

健全な都市には、建築物の持続性、システムの障害耐性、インフラストラクチャーの有効性、そして政府、住民、産業、自然環境の間の調和が必要です。

エクスペリエンスの時代の都市

都市においても、動的で複雑なシステムと同じように3D を大々的に活用して、バーチャル環境でモデリング、シミュレーション、視覚化を行うことができます。

ビジネスの課題

都市のリーダーにとって無くてはならない存在になる

現代の都市が抱える課題の複雑性を考慮すると、従来の都市計画技法は時代遅れに感じられます。業界のプロセスとテクノロジーは、真に「スマート」な都市の実現にも貢献することができます。設計者とエンジニアは、複雑なシステムの挙動を想定し推測するために、コラボレーティブな 3D モデリング、視覚化、シミュレーションを数十年間も利用してきました。このような手法を都市に適用することで、都市システムを改善するための新たなアイデアや可能性が明らかになります。また、行政当局は、かつて利用したことがなかったツールを駆使して、住民、企業、自然環境のために意志決定を行うことができます。

私たちは、シンガポールの暮らしをバーチャル化して取り込もうとしています。たとえば、高齢者が住んでいる場所、商店街やショッピング・モールやレストランの場所、交通機関の運行スケジュールなど、人口統計データが含まれます。誰もがこの情報すべてにアクセスし、理解することができます。

George Loh 氏
バーチャル・シンガポール、国立研究財団プログラム理事会、ディレクター
ビジネスの課題

都市部の成長プロセスを最新化

最新のツールと知識のデジタル化は、都市環境の計画および構築方法を変革しています。施主、プランナー、設計者、エンジニア、施工チームは、かつてないレベルの精度と管理を達成しています。その成果は、すべての関係者にあらゆるメリットをもたらしています。

高度な設計ツールにより、迅速な反復設計が可能になり、さまざまな可能性が広がります。効果的なコラボレーション・システムにより、下流のサプライ・チェーン・パートナーもプロセスの早期段階で貴重な情報を提供できるようになります。

3D EXPERIENCE のテクノロジーなしでは、[ボツワナ・イノベーション・ハブ]プロジェクトの遂行に必要な管理能力と詳細情報を得ることはできなかったでしょう。

John Cerone 氏
SHoP Architects 社、アソシエート・プリンシパル
ビジネスの課題

パフォーマンスを最大化して施主および住民の期待に応える

業界のプロジェクトベースの性質と断片化は、AEC チームが施主と住民の期待に応えることを困難にしています。単一のプラットフォームでデータを標準化して、効率的に共有する必要があります。さらに、競争入札制度や機能のサイロ化によって、見積りが膨らみ、成果が縮小されています。

より科学的な施工プロセスでは、従来の業界の慣行を分析し、コラボレーション、実行、情報に関する思い込みを再考する必要があります。それには、施主を一連の輪に取り込まなければなりません。プレハブ、4D モデリング、リアルタイムのプロジェクト管理ツールといったイノベーションは、チームが最初から正しく建築することを可能にして、施主の要件を満たします。

建物の完全な構造とすべての部材の組み立てをチーム全体で分析し、プロジェクトを実行する最短の方法とプロジェクトを引き渡す最適な方法を見い出すために、シミュレーションは実に重要でした。

Javier Glatt 氏
CadMakers 社、共同創業者兼 CEO
ビジネスの課題

都市のすべての関係者を結束させる

従来の企業と住民の関わり合い方では、現在の要求を満たすことはできません。 さらに、コネクティビティの高まりにより、都市環境の形成における住民参加も拡大することが予想されています。 コラボレーティブな 3D テクノロジーを利用し、公開データを収集、管理することで、都市は意思決定、サービスの提供、関係者間のコミュニケーションを改善できます。

適切なデータを適切なレベルの適切な相手に、適時に提供する必要があります。

George Loh 氏
バーチャル・シンガポール、国立研究財団プログラム理事会、ディレクター