建築物

建築環境を整えるには、透明性、効率性、結束性、技能を統合する必要があります。

問題解決からフューチャー・テスティングへの移行

AECO チームは「フューチャー・テスティング」で問題を事前に予測して、革新的なアイデアを活用して競争上の優位性を獲得できます。

課題

弾力性のある未来を構築

プランナーや設計者は建物のメンテナンスコスト、周囲の環境への長期的な影響、災害への対応能力などを考慮する必要があります。設計から建設、運用までの建物のライフサイクルをサポートするには、環境に配慮した資材の採用、3D による仮説シナリオの検証、居住者のニーズに柔軟に対応できる施設の設計および動的 IOT データに基づく運用効率を意識した効率化が不可欠です。

課題

技能を反映

建築家には、プロジェクト獲得に向けて、限られた時間枠で複数のコンセプトを提供することが期待されています。迅速なやり取りにより、さらに多くの設計の創案と評価が可能になり、より質の高いコンセプトに集約できます。プロジェクトを獲得しても、下流のプロジェクト貢献者から早期にインプットを得てモデルを強化できなければ、建物の審美的完全性、品質および範囲は実際の素材や組立によってないがしろにされます。

すべてをパラメトリックにまとめることができればとても素晴らしいです。作れないものは何もないとさえ言えます。

松長知宏氏
隈研吾建築都市設計事務所 3D モデリング担当主任技師
課題

技能を最新化

最新のツールと知識のデジタル化は、建築環境の構築方法を変革しています。インフラストラクチャー設計者、エンジニア、施工チームは、かつてないレベルの精度と管理を達成しています。その結果は驚くべきものです。

高度な設計ツールにより、迅速な反復設計が可能になり、さまざまな可能性が広がります。効果的なコラボレーション・システムにより、下流のサプライ・チェーン・パートナーもプロセスの早期段階で貴重な情報を提供できるようになります。

3DEXPERIENCE テクノロジーなしでは、ボツワナ・イノベーション・ハブ・プロジェクトをやり遂げるのに必要なレベルの管理能力と詳細情報を得ることはできなかったでしょう

John Cerone 氏
SHoP Architects 社、アソシエート・プリンシパル
課題

プロジェクトの成果を最大化

プロジェクトベースの業界体質と AECO 業界の分断化が理由で、土木設計および施工チームが統合型プラットフォームで情報を標準化して効率的に共有することを困難にしています。さらに、競争入札制度や機能のサイロ化によって、見積りが膨らみ、成果が縮小されています。

より科学的なシビル・デザインおよび施工プロセスにより、従来の業界の慣行を分析し、コラボレーション、実行、情報に関する思い込みを再考する必要があります。プレハブ、4D モデリング、リアルタイムのプロジェクト管理ツールといったイノベーションは、チームが最初から正しく建築することを可能にします。

建築物の完全な構造とすべての部材の組立てを分析するために、シミュレーションが不可欠でした。完全なプロジェクト実施プロセスを最適化することで、最も迅速な施工方法を見い出しました。

Javier Glatt 氏
CadMakers 社、共同創業者兼 CEO
課題

共同作成

施工プロジェクトでは、その都度チーム・メンバーと関係者が新しく結成されます。国や言語が異なる分散した多国籍チーム間が効果的に連携するのは難しいことです。重要なのは、すべてのプロジェクト関係者にわたってデータをオープンに共有して正確に伝達することと、および情報を各部門に関連した一貫したものになるようにコンバートすることです。包括的なアプローチをプロジェクトに採用し、結果を可視化して参照することで、全員を同期し続けることができます。

3DEXPERIENCE プラットフォームは、革新的なプロセスを可能にする、柔軟性とオープン性を備えています。

Chris Sharples 氏
SHoP Architects 社、共同創業者

建設・都市・地域開発の産業用インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの詳細

弊社のクラウドベースのコラボレーション環境と高度な設計およびシミュレーション・ツールは、無駄や手直しを大幅に削減し、サプライ・チェーン全体の可視化と信頼性を高め、前例のない成果を達成できます。