都市

健全な都市には、持続可能な建築物、弾力性のあるシステム、効果的なインフラストラクチャー、そして人、産業、環境の間で調和が必要です。

エクスペリエンスの時代の都市

3D モデルと仮想シミュレーションは、動的で複雑なシステム、特に都市に大きなメリットをもたらします。

課題

優れた再現性で未来を構築

都市と産業界は、継続的な活性化および災害や環境の変化、そして安全に対する脅威に対応するために計画を策定しなければなりません。ダイナミックな都市の安定性を強化するには、可視および不可視な部分をモデル化して、現存のリソースを定量化し、可能性のあるシナリオを「仮定」して、将来的にリソースを最大限に活用して補充していく必要があります。

シンガポール全土を仮想化して捉えるには、適切なデータを適切なレベルの適切な関係者に適時に提供する必要があります。

George Loh 氏
バーチャル・シンガポール、国立研究財団プログラム理事会、ディレクター
課題

都市の審美的価値を重視

建築家や都市計画関係者は、都市が持つ個性を考慮しながら設計を行い、個々の建物、建物間の関係性およびプロジェクトのコミュニティ全体における影響を具現化します。3D 仮想環境で 3D仮説シナリオを使用して、動的データと IOT 技術を活用しながら、審美性に関するコンセンサスを形成し、共通のビジョンを定義し、関係者間の整合性を図ります。

課題

都市部の成長プロセスを最新化

最新のツールと知識のデジタル化が、都市環境の計画および構築方法が変革されています。施主、プランナー、設計者、エンジニア、建設のチームでは、かつてないレベルの精度と管理を達成して、すべての関係者からの要望に包括的に取り組んでいます。高度な設計ツールにより、迅速なイテレーションが可能になり、さまざまな可能性が広がります。効果的なコラボレーション・システムにより、施主や公共関係者では透明性を確保でき、下流のサプライチェーンのパートナー企業はプロセスの早期段階から貴重な情報提供に貢献できます。

 

3DEXPERIENCE テクノロジーなしでは、ボツワナ・イノベーション・ハブ・プロジェクトをやり遂げるのに必要なレベルの管理能力と詳細情報を得ることはできなかったでしょう

John Cerone 氏
SHoP Architects 社、アソシエート・プリンシパル
課題

プロジェクトの成果を最大化

建設業界特有のプロジェクトベース体質と分断化により、プロジェクトチームが施主や公共関係者の期待に完全に沿うことが困難になっています。特定の開発データの成果を最大化するには、データを標準化して単一のプラットフォームでシームレスに共有する必要があります。

施工プロセスをより科学的なものにするには、従来の業界の慣行を分析し、入札プロセス、連携規範、施工、情報交換の方法の前提を再考する必要があります。施主が連携の輪の中にいる必要があります。プレハブ、仮想設計・施工、4D モデリング、リアルタイムのプロジェクト管理ツールから得られるイノベーションにより、チームは最初から正しい施工を実現します。

建築物の完全な構造とすべての部材の組立てを分析するために、シミュレーションが不可欠でした。完全なプロジェクト実施プロセスを最適化することで、最も迅速な施工方法を見い出しました。

Javier Glatt 氏
CadMakers 社、共同創業者兼 CEO
課題

共同作成

ビジネス・リーダーや住民を取り込んできた伝統的な手法では、増え続ける現在の要望に応えることはできません。さらに、コネクティビティの拡大により、都市環境づくりにおける住民参加の高まりが予想されています。コラボレーティブな 3D テクノロジーを利用し、公開データを収集、管理することで、都市は意思決定、サービスの提供、関係者間のコミュニケーションを改善できます。

適切なデータを適切なレベルの適切な相手に、適時に提供する必要があります。

George Loh 氏
バーチャル・シンガポール、国立研究財団プログラム理事会、ディレクター