共同作成

施工プロジェクト、都市および地域の関係者は、リアルタイムの情報にアクセスして、知識をシームレスに交換する方法を求めています。デジタル・コンティニュイティは、プロジェクト実施における共同作成の可能性を高め、サプライ・チェーン全体にわたって連携を促進します。

ポストデジタル時代におけるプロジェクト実施

オーサーシップを拡張するには、従来のワークフローをデジタル形式で再現する以上のことが必要です。

円滑な連携で分断化を克服

建設プロジェクトはこれまで、不幸にも、プロジェクト関係者間の理解の不一致によってコストとスケジュール(そして利益)が損なわれていました。プロジェクトベースのビジネス・プロセスや従来の業界慣習が、この分断化に拍車を掛けています

プロジェクト関係者は、プロジェクトの設計と施工の課題をシミュレーションして予測するために、効率的で透過性のあるコラボレーション環境を確立する必要があります。適切なプラットフォームで情報をシームレスに交換し、RFI を防止し、手直しを排除し、スケジュール通りに予算内でプロジェクトを完了させることができます。

Picto > 包括的 > ダッソー・システムズ®
プロジェクト・ライフサイクルを通して単一の情報源を利用
Picto > データ活用 > ダッソー・システムズ®
チームの総合的なインテリジェンスを活用
Picto > 複数領域 > ダッソー・システムズ®
複数の部門、地域、言語全体にわたっての連携
Picto > ライブラリ > ダッソー・システムズ®
知識をシームレスに伝達

共同作成を受け入れる

共通のプラットフォームと統合型データ・モデルは、異種のシステムを接続して各チーム・メンバーの参加や貢献を促進し、業界の分断化を克服するのに役立ちます。

関係者は単一のプラットフォームで作業することで、部門をまたいで知識を円滑に収集して、効率的なチーム・コラボレーションおよびシームレスな情報転送が可能になります。設計から製作まで、より多くの付加価値を提供し、作図やその他の非効率的なプロセスにかける時間を減らします。

成功事例

シームレスな関係

SHoP Architects 社は、統合型 BIM プラットフォームにより、最新のプロジェクト情報をリアルタイムで入手し、関係者の適時な意思決定、コラボレーションの改善、イノベーションの強化を実現しています。

 

3 分 34

私たちは世界中の人員をリアルタイムで調整しています。あらゆる側面を包括的なアプローチの中で捉えるという、従来とまったく異なるプロジェクトの取り組み方です。

John Cerone 氏
SHoP Architects 社、アソシエート・プリンシパル

建築・建設業界の課題