8 min read

知識を共有し、パワーを共有

時間とコストの障壁をなくして、より良い環境を構築

建築・建設業界 では、新しいプロジェクトに乗り出すたびに、おそらくその他の業界ではみられない、最大級の課題に直面します。各プロジェクトが独特であり、それぞれに特有の課題があります。建築・建設のプロジェクトには、汎用的な定型のアプローチは当てはまりません。柔軟性と適応性が求められます。

世界中で複数分野にまたがる協業を必要とするプロジェクトが近年増加傾向にあります。多くの場合、会ったことも共に組んだこともないチームが参加します。多くの場合、会ったことも共に組んだこともないチームが参加します。使う言葉や専門用語が異なる場合もあります。使用する機器やコンポーネントも、さまざまな国からのものです。

使用する機器やコンポーネントも、さまざまな国からのものです。

全く異種の、初めて顔を合わせる別々のチームを効果的に協業させようとする際、問題を抱えるのは当然です。ひとつの小さな人為的ミスや設計変更が、余分なコスト、引き渡しの遅延、リソースの浪費という負の連鎖を引き起こします。変更が後期段階で起こるほど、その影響の度合いはさらに大きくなります。

プロジェクトを成功させ、意欲溢れる実践的な場にし、かつそれがスケジュールと予算を遵守し、最高の品質を満たしたものであるためには、緊密に結び付いたチームとして誰もがシームレスで効率的に連携しなくてはなりません。

残念ながら、ほとんどの場合、これに当てはまりません。たとえば、建設業は過去 60 年間にわたって効率と生産性が低下している唯一の業界です。実際の記事「製品に関するプロセスを重視: 建設の生産性に対する新しいアプローチ」、建設現場全体の廃棄物は 30% という驚異的な水準。

より大局的に見る

長年にわたって、建設管理者は、業務活動の流れではなく、変革を重視してきました。これが不確実なプロセス、上流での変動性の増大、非付加価値活動の拡大、価値創造の低下につながっています。建設業界において、「廃棄物」とは、現場での廃材の物理的な量に限定されてきました。

しかし、より大局的で包括的な考え方があります。業界の業績を拡大するために、特にリーン・コンストラクションの研究者や専門家は、革新の可能性を見出すのに製造業を参考にしてきました。特に、リーン思考と生産の原則に関してです。リーン・プロダクションの観点からは、生産フローの物理的な活動は、付加価値と非付加価値という 2 つの要素から成り立っています。この文脈においては、「価値」とは顧客の要件の実現を意味します。Saad Sarhan博士による「リーン・コンストラクションにおける廃棄物の概念の理解」では、廃棄物は「顧客/クライアントまたはエンドユーザーにとっての価値を創出に必要とされないもの」と定義されています。

一人は皆のために、皆は一人のために

製品に関するプロセスを重視: 建設の生産性に対する新しいアプローチ」という記事では、関係者全員の役割を統合する包括的なソフトウェア・ソリューションを使用して、垂直型で無駄がある、反復的な仕事のやり方から脱却する方法を説明しています。

メッセージの本質はシンプルです。反復ではなく、連携です「建築・建設業界のプロセスにおける最大の無駄な領域は、多数の重複する図面の作成です。建築家の多くは現在、3D モデルを作成して、そこから 2D 図面を抽出しています...建材メーカーは、すべてのナットやボルト、また供給する部品がどのように組み合わさるのかを示す詳細な製作図を作成します。施工会社は、足場、型枠、資材置き場や機材のためのスペースなどを示す図面が必要です…」

この記事は、業界の動向について説明しています。つまり、製作のための設計、引き渡しのための設計、製造および組立のための設計です。このような動向に従って、建築・建設業界 の関係者がサイロをなくすことで、結果として未来の専門家はこれまで以上に効率的に多くの複雑なプロジェクトを手がけることができるようになります。

統合による簡素化が鍵を握ります。たとえば、プロジェクトの単一の要素 (建物の単純な柱など) を考えてみましょう。

旧式の (今現在の多くでもある) 業界の作業の仕方を考えると、このひとつの要素を、各専門家5 人が 5 回に分けてモデル化します。つまり、建築家、構造エンジニア、構造ディテーラー、施工管理者、とファシリティマネージャーです。この業界がなぜうまくいってないのか、その例えとして、不必要な重複を考えてみましょう。

最近の技術では、関係者全員が利用できる柱のモデルは単一でなければなりません。このモデルには、各自が仕事をするために必要なディテールとデータがすべて含まれます。同様に重要なのは、プロジェクト関係者が画面で柱を確認する際は、いつでも最新の状態の柱として理解できるよう、リアルタイムでモデルが更新されている必要があります。

同様に重要なのは、プロジェクト関係者が画面で柱を確認する際は、いつでも最新の状態の柱として理解できるよう、リアルタイムでモデルが更新されている必要があります。

時間と費用を無駄にしない

昔ながらの職人的な手法をベースにコストと時間、範囲と品質を関係づけており、それではもはや目的に合致しないということは業界として認識する必要があります。時間と費用を減らしてより多くより良く行う方法を見つける必要があります。問題点は、多くの企業が、受動的に、誤って、品質 x 範囲 = 単価 x 時間を受け入れているように思われることです。

単価と時間をかけることがプロジェクトの実施に望まれる要素ではないことを先ず理解する必要があります。実際には、建築環境プロジェクトがどれだけの品質と範囲を達成できるのか判定することには限界があります。業界の課題は、プロジェクト実施の専門家を支援して、単価と時間に対しより良い品質と範囲を向上させるということです。

これを達成するには、設計と施工の間にある障壁をなくす必要があります。現在のプロセスでは、最も重要なときに情報と知識を共有することが妨げられる場合があります。要するに、私たちが必要とする機会とアイデアを獲得するために、両者が生産を簡素化し、消費を分散させるためのプラットフォームが必要です。

避けられない設計変更によるコストを削減する方法も見つける必要があります。たとえば、クライアントによる変更、建築上必要性のある追加、予算削減のための変更など、何が原因であるかは問題ではありません。形状に対するマイナー・チェンジでも、プロジェクト・チーム全体にわたって大幅な設計変更作業を引き起こす可能性があります。

マイナス志向ではなくプラス志向で変更を行うにはどうすればよいのでしょうか。関係者全員をひとつの統一されたチームにまとめて、発生する前に問題を解決する知識を身に付けるのが理想的です。レンガが敷設される前に、設計を変更したり、建設の障害となるものにフラグをたてることで、どんなに小さな変更でも他にどのように影響するのかリアルタイムで正しく確認することができます。全ての分野で、以前よりも短時間で行うことが可能になります。

職人的技能の近代化

デジタルな連続性が夢を実現します。古い壁を取り壊し、働き方の近代化への扉を開きます。デジタル・シミュレーションの使用により仮想環境において、知識をデジタル化して共有し、製作を簡素化し、新しい施工方法を探求し完璧なものにできます。それを達成できる青写真がここにあります:

  1. 設計、エンジニアリング、施工技術を現代化することにより、建築・建設の専門家にオンライン・プラットフォーム、自動化と蓄積された知識とノウハウを提供します。
  2. クラウドベースのプラットフォームにより、プロジェクト参加者は、広範囲のオンライン・ネットワークを構築して、地理的制約なしに情報交換を行えるようになり、新しいプロジェクト情報をデジタル・モデルにシームレスに取り込めるようになります。
  3. 自動化により、専門家がアルゴリズムとテンプレートで的確な判断ができるようなり、プロジェクト実施プロセス全体の変更コストを削減し、知識の再利用を可能にします。 さらに、自動化により設計や製作をデジタル・マニュファクチュアリングにシームレスにリンクでき、より少ない費用で、より短時間に高品質を実現できます。  
  4. 接続されたオンライン環境によって蓄積される集合的な知識とノウハウにより、すべての部門がさらなる自動化、統合、アイデアのやり取りをしながら、プロジェクトの課題に取り組むことができます。例として、プロジェクトの最も初期の段階から完全かつ確実に、部材数量、施工順序、プロジェクト・コストを予測する機能。

事例

Zahner 社では、建材メーカーや施工業者およびサプライチェーンから得られる情報がどれだけ早く入手できるかで、プロジェクトの手戻りを大幅に減らす例を示しています。この米国建築・エンジニアリング・製造・施工企業については、ダッソー・システムズのお客様活用事例で紹介されています。

Zahner 社: クライアント・コラボレーションの変革

4 分 14

建築家、施主、設計者との調整ミーティングで、ダッシュボードを大いに活用しています。

Jeff Cunningham 氏
Zahner 社 Advanced Manufacturing Engineer

「メリーランド州コロンビアに設営する高さ 70 フィートの円形劇場、Chrysalis プロジェクトにおいて、3DEXPERIENCE® プラットフォームを採用しました」と ZAHNER 社の最高執行責任者 Tom Zahner 氏は述べています。Chrysalisは非常に動的なプロジェクトで、すべての関係者に情報を迅速で効率的にアップデートする柔軟なプラットフォームが必要でした。「プロジェクトの進捗に沿って、施主 (非営利組織Inner Arbor Trust)、ゼネラル・コントラクター、サプライヤー、パートナー、設計と施工チームの関係者が、リアルタイムで情報にアクセスできるようにする必要がありました。」

「このプロジェクトでは、情報をお客様に提供するインターフェイスとしてダッシュボードを使用しました」と ZAHNER 社のSenior Project EngineerであるShannon Cole氏は説明します。「設計作業中に社外のコンサルタントから図面を受け取ると、それをミニ・ストーリーとして投稿します。お客様はこれにアクセスでき、すべての段階の情報が共有されます。私どもの考えていること、何が設計中か、その外観を可視化して伝えています。これによってお客様は、2D 図面では決して得られないレベルの安心感と確信を得ることができます。」

隈研吾建築都市設計事務所: 複雑な課題への対応

パラメトリック・デザインの使用が増え、建物の複雑さが増しています。日本の隈研吾建築都市設計事務所 (KKAA) の設計室長 名城俊樹氏もこの状況に直面した経験があります。「プロジェクトがますます大きく複雑になると、新たな課題も生じます」と同氏はダッソー・システムズお客様活用事例のインタビューで説明しています。

隈研吾建築都市設計事務所

3 分 57

3DEXPERIENCE オン・クラウドを使って、情報や専門知識を共有できるので満足しています。隈研吾氏のビジョンを組織全体にわたって伝えることを極めて簡単にしてくれます。

松長知宏氏
隈研吾建築都市設計事務所 3D モデリング担当主任技師

名城氏はデザイン・フォー・ファブリケーションの 2 つのメリット (改訂履歴とパフォーマンス) によって、大きな差別化を図ることができました。「以前のソフトウェアでは、変更が加えられた理由やどのような変更が加えられたかの履歴を把握するのは困難でした。過去の修正の元をたどり、どのように変更されたのか確かめる方法が以前はありませんでした。CATIA では、これができます。」

隈研吾建築都市設計事務所では、多数の公共部門の仕事を含む、より制約の多い、大規模プロジェクトへの取り組みを増やしています。プロジェクトが増える中、「隈研吾氏」の設計哲学を多様な範囲に及ぶプロジェクトに確実に入れ込んでいくという、別の課題が生じています。

不可能を可能にする – 余裕をもって

KKAA 社と Zahner 社 にはそれぞれ原則がありますが、望むことはひとつです。つまり、障害をなくして、できるベストなものをやり遂げることです。両社は最新の技術ツールで作業することでしか、業界における最上の建築、エンジニアリング、施工を創出できないと熟知しています。不可能を可能にするだけでなく、それが余裕もなければなりません。

A. Zahner Company 社長兼 CEOの L. William Zahner氏は、技能に対するこの現代的なアプローチのメリットを非常に簡潔にまとめています。「エクスペリエンス、スキル、テクノロジー、技能を組み合せることで、複雑なものを簡単に、スケジュールどおりあるいは前倒しして、予算内またはそれ以下で建物を建築できます。」