1. オプティマイズド・コンストラクション

オプティマイズド・コンストラクション

無駄をなくし、課題に対処して問題を未然に防止。施工プロセスをシミュレーションして、単一の 3D バージョンを構築。

オンプレミスで利用可能

3DEXPERIENCE® プラットフォームを基盤とする、オプティマイズド・コンストラクション・インダストリーのソリューション・エクスペリエンスは、施工プロジェクト情報の一元管理を可能にします。プロジェクト実施チームがコラボレーティブなクラウドベースの統合型 BIM 環境を活用して、プレハブ、現場での組付け、設備、労務、コストをシミュレーションして最適化および管理できます。オプティマイズド・コンストラクションは、従来の施工プロセスで発生していた無駄や手直しを大幅に減らし、可視化を向上させ、プロジェクト施主や関係者に大きなメリットをもたらすことが実証されています。

1 分 59

オプティマイズド・コンストラクション のベネフィット

  • 統合型のプロジェクト・バックボーン

    コラボレーションベースのプラットフォームを通じて、プロジェクトのすべての詳細をマスター・スケジュールに統合し、あらゆるプロジェクトおよびデータを一元管理します。

  • リアルタイムのプロジェクト可視化

    すべてのタスクの最新の進捗状況をダッシュボードから確認でき、設計から制作、施工まで、ドキュメントが更新されるたびに通知を受け取ることができます。

  • 4D 施工計画策定

    すべての建設プロセスをシミュレーションおよび最適化し、4D モデルを構築します。これにより、関係者全員がプロジェクト要素の提供方法を確実に理解できます。

  • 無駄を減らしてパフォーマンスを向上

    プロジェクトの実態に基づいて、無駄を最小限に抑える現実的で実行可能な計画を策定します。

オプティマイズド・コンストラクションを導入する

無駄をなくすという使命は、施工プロセスをシミュレーションして、問題が発生する前に対処し、情報を単一の 3D バージョンで一元管理して全員が同期することで達成されます。

成功事例

複雑な建設プロセスのシミュレーション: SFEG 社のお客様事例

SFEG 社(Shanghai Foundation Engineering Group)のチームは、橋梁(Chenta Bridge)の建設に先立って、そのプロセス全体を計画、シミュレーション、最適化しました。

2 分 41