小売

あらゆるチャネルを通じて独自のブランド・エクスペリエンスを管理する、消費財、DIY、ファッション小売業向けのソリューション

テクノロジーが形作る未来

今後数十年にわたって小売業はどのように大きく変化するのかご覧ください。

ビジネスの課題

客足とコンバージョン率の向上

変化のペースが速い消費財業界では、小売業は消費者とつながる新たな手段を確立する必要があります。デジタル環境で消費者が製品をパーソナライズできるようにすると、小売業企業のオンライン・チャネルが改善されます。製品仕様、コスト、在庫をリアルタイムで表示するイマーシブ型ショールームやタッチスクリーン・システムといった新たな店内エクスペリエンスを提供することで、小売業企業は実店舗への客足を増やすことができます。

ビジネスの課題

セルスルーの改善

どの製品カテゴリーの小売業者も、消費者を満足させるという圧力にさらされています。変動する需要に合わせて品揃えを調整し、適切な製品を適切な市場に適切なタイミングで提供しなければなりません。インテリジェントなプランニング・ソリューションにより、バリューチェーン全体で強力なプランニング環境とリアルタイムの情報アクセスを得ることができます。

ビジネスの課題

消費者エクスペリエンスの改善

消費者が感動するその瞬間に、最高のショッピング・エクスペリエンスが生まれます。お客様がお店に頻繁に足を運ぶようになって常連客になってくれます。小売業企業は、お客様に魅力的なブランド・ペルソナを伝達する必要があります。このため、店舗の外観に関するビジョンを確立し、そのビジョンをマルチチャネル環境で展開する必要があります。販売機会を最大化して売上に直接影響する独自の優れたショッピング・エクスペリエンスを実現することが目標となります。

ビジネスの課題

売上原価 (COGS) の削減

小売業界では消費者は、より優れた製品をより迅速に入手できることを常に期待しています。小売業企業は、価値と時間の両面で圧力にさらされ続けており、サプライヤーの原価構造を検証し、ブランドや製品全体で購買を統合することで、素材を最大限活用するように努めています。このため、すべての市場やカテゴリーの調達をサポートするソリューションが必要とされています。

ビジネスの課題

ブランド・エクイティの向上

現在、消費者は、自らの嗜好とアイデンティティを表現するために、ブランドに直接働きかけることを望んでいます。新しいメディア向けにカスタマイズされた新しいショッピング・エクスペリエンスや新たな次元のパーソナライズを求めています。エクイティを改善するために、ブランド・小売業企業は、消費者とつながって嗜好をより深く把握するための新たな方法を必要としています。幅広い商品を揃え、オンラインや店頭で消費者による商品のパーソナライズを可能にすることで、ブランド・小売業企業は、必要な洞察を得て、消費者は本当に欲しい商品を購入できます。