ストラクチャード・スペシフィケーション・マネジメント

テンプレートで製品定義を標準化して、変更を公式管理

さまざまな情報源を仕様の管理に使用していると、再利用の不足や重複データの増加につながり、製法の変更 (または変更の必要性) が組織に及ぼす影響を適切に評価するのが困難になり、結果的にコンプライアンス違反が生じる可能性があります。単一のデータを拡張された企業全体にわたって共有することによってのみ、正真正銘の規模の経済を実現できます。

ストラクチャード・スペシフィケーション・マネジメント・ソリューションは、単一のリポジトリで組織全体のデータの可視化と可用性を向上させます。製品定義がテンプレートで標準化され、変更が正式に管理されるため、データの品質が向上します。社内外の製品開発機能が仕様へセキュアにアクセスできるよにして、知財をより適切に保護できます。このソリューションは、グローバル企業全体にわたって再現可能なレビューおよび承認プロセスを設計して、適切な規制や法的要件の遵守を確実に満たすことができます。