パーフェクト・ラボ

研究開発ラボにおけるプロセスを変革してイノベーションを加速

オンプレミスで利用可能

新しい競合他社が常に市場に参入し、消費財メーカーおよび化学製品ラボはイノベーションを加速させる圧力にさらされています。しかしながら、時代遅れのアプローチや非効率的なラボ・プロセスに阻まれ、直面する課題は既に大きなものになっています。消費財、特殊化学品、潤滑剤メーカーでは、オペレーション・コストを削減し、ボトルネックを取り除き、イノベーションに取り組むプロセス全体をスピードアップするツールが必要です。

パーフェクト・ラボは、研究プロセスを変革して生産性を向上させる統合型ラボ・ソリューションです。迅速で、ゲームチェンジャーとなる市場投入を速めるイノベーションをもたらします。紙と「有効利用されていないデータ」をラボからなくして、デジタル記録管理に置き換えることで、研究者はデータ検索時間を短縮して、より多くの時間をイノベーションに当てることができます。パーフェクト・ラボでは、配合試験に向け新しい成分や材料を見つけるプロセスを効率化します。迅速かつ使いやすい化学品在庫管理により、コンプライアンスと安全性の問題点を最小限に抑えます。パーフェクト・ラボでは、物理的な検証、時間、コストを削減して、優れた製品を消費者に届けることができます。

パーフェクト・ラボ のベネフィット

  • 物理テストを最大 50% 削減

    研究実験データのデジタル・データベースを作成して、費用のかかる実験の「繰り返し」がなくなります。

  • 原料の使用量を最大 30% 削減

    在庫を正確に可視化することにより、貴重な原材料の使用量を削減できます。

  • イノベーションを 最大 20% 加速

    文書化に必要な労力を減らし、配合開発プロセスの作業者の連携を向上させることで、イノベーション・プロセスを加速します。

  • 手際のよいコンプライアンス遵守

    化学品の在庫管理を自動化し、安全性と規制上のリスクを減らしながら、コンプライアンスと監査の評価を向上させます。

  • 立ち上げコストを最大 15% 削減。

    ラボ・プロセスを単一のプラットフォームで効率化して、「有効利用されていないデータ」をなくし、不必要でコストのかかる実験を避ける。

パーフェクト・ラボを採用

計画から報告までのラボ・ワークフローを強化し、プロセス全体をスピードアップさせて、オペレーション・コストを削減し、ボトルネックを大幅に削減

成功事例
クリスチャン・ハンセン社は「紙ベースのノート」を廃止してどのように進化を遂げたのか

BIOVIA Notebook とビッグ・データ分析がデータを知識に変える

BIOVIA Notebook