パーフェクト・スペシフィケーション

コンセプトから生産までのライフサイクル全体にわたって仕様を管理

今日のパッケージング仕様は、複数のシステムに分散されており、適切な管理、レビュー、コントロールを妨げています。こうしたことが、高コストや、企業全体の材料管理の欠如によるリコール問題の可能性につながります。 パーフェクト・スペシフィケーションにより、企業はあらゆるタイプの製品仕様を定義し、管理することができます。製品仕様のタイプには、配合、原材料、パッケージ・コンポーネント、および作業指示が含まれます(これらに限定されません)。パッケージ仕様の作成、承認、管理、再利用を一元的に行う方法を提供します。構成済みの仕様を使用することで、マルチレベル部品表 (BOM) を構築して管理し、親オブジェクトを分析して、どのパッケージング材料の節約が可能か特定できます。 パーフェクト・スペシフィケーションは、ERP や CAD などの企業の外部システムと容易に統合できるため、製品の市場投入までの時間を早め、デザイン効率を上げて、新製品投入に伴うコストを削減できます。 パーフェクト・スペシフィケーションでは、「一元管理」された製品データを企業全体で共有できるよう確保します。これにより、情報の再利用を最大化して、コストを削減しながら、製品をより早く市場に投入できるようになります。

パーフェクト・スペシフィケーション

バーチャル・テストを使用してデザイン仕様を満たしながらパッケージ開発作業を加速