プロダクション・スケジューリング

在庫と無駄を削減しながら生産性と引き渡し能力を向上

物流体制が不十分で顧客への迅速な納品に対応できない場合、原材料の不足、リソースの不足、また生産ラインのセットアップに時間がかかりすぎることでボトルネック、余剰人員の原因となり、あるいは逆に過剰在庫を生み出すおそれもあります。製造拠点間での一貫性を確保するマスター・スケジュールへの準拠が必要です。

プロダクション・スケジューリングでは、マシン、オペレーター、ツールなど、複数のリソース全体にわたり製品およびプロセス関連の制約管理を統合する詳細な生産スケジュールをもたらします。スケジュールの短縮最適化機能により、プランナーは高い遂行計画を一連の生産ステップ向けに迅速に策定してビジネス KPI を改善できます。期日に合わせてオペレーションを計画して、受注に対しスケジュールどおりに製造することで、無駄や在庫が減り、適時に適正な生産量を実行できます。