プラント・インフォメーション・リファレンシャル

情報の一元管理により、リアルタイムの連携を促進し、データの整合性を確保します。

プラント・インフォメーション・リファレンシャルは、複数の関係者からの情報を同期して一元管理することで、リアルタイムのコラボレーションを促進します。構造化されたデータ駆動型のデジタル・ファシリティ・リファレンシャルを提供することで、関連するすべての分野間に可視化をもたらし、エンジニアリングデータの整合性を保証します。このインダストリー・プロセス・エクスペリエンスは、プラントのライフサイクル全体にわたって EPU ソリューション・ポートフォリオのデジタル・コンティユニティのバックボーンを提供します。

すべての情報が一貫したプラント・ブレークダウン構造を通じて構造化された方法で取り込まれます。360° ダッシュボードとロール固有のアプリを活用して、プラントのあらゆるコンポーネントのエンジニアリング・データを完全なコンテキスト (要件、技術ソリューションの説明、モデル、ドキュメント、テスト記録など) で容易にレビューおよび編集できます。

に含まれるもの キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス