マルチディシプリナリー・デザイン・レビュー

完全に統合された複数ソースのデジタル・モックアップを作成して、状況に応じた意思決定を行う

マルチディシプリナリー・デザイン・レビューは、外部のレガシー・ツールからの 1D/2D/3D データを調整して、プロジェクト全体の完全かつ正確なリアルタイムのビューを提供できます。この堅牢なビューは、プロジェクトやビジネスのサイロを解消して、プラントの設計や施工に向けたオペレーションをサポートするのに役立ちます。

ISO 15926 規格に基づく、マルチディシプリナリー・デザイン・レビューは、さまざまなソースから設計を収集し、統合および相互運用性機能を提供して、包括的な仮想プラント・モデルを構築します。この機能でエンジニアリング、施工、オペレーション段階間の資本設備情報の引き渡しコストを大幅に軽減できます。また衝突解析や安全距離プロトコルを含む、徹底した設計検証をサポートしているため、コストのかかるエラーの潜在的な原因を排除できます。

マルチディシプリナリー・デザイン・レビューのバーチャル・プラントは、全面的なライフ・サイクル管理に不可欠です。これには、変動による遅延を減らすための施工シミュレーション、ダウンタイムおよび QHSE 関連のインシデントを最小限に抑えるための保守の最適化、最終的なデコミッショニング計画が含まれます。

マルチディシプリン・デザインの詳細

マルチディシプリン・デザインの主な機能とメリット。ダッソー・システムズの担当者にお問い合わせください。個別見積もりもご依頼いただけます。