ビジュアル・データ・ディスカバリー

複数分野のデータをシームレスに集約して統合

ビジュアル・データ・ディスカバリーでは、統合されたフレームワークで複数分野のデータを視覚化、検証し、予測分析を行うことができます。データの縦割り構造が解消され、部門の枠を超えて共有できるようになり、同一の最新データを利用したコラボレーションが可能になります。

効率的にデータを取得できるので、掘削から大規模調査、IIoT センサーに至るまで、新しいデータが生成されて利用可能となるまでのタイム ラグがなくなります。