1. キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス

キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス

効果的な意思決定のための信頼できる知識共有

available on premise

エネルギー・プロセス産業内のプラント建設プロジェクトは、時間と予算に基づいて行動しながら、避けがたい変化の結果に対応していかなければなりません。オペレーションのパフォーマンスを上げるには、コストを抑えながら、資産の可用性を最大限に高める必要があります。拡大するエンタープライズ エコシステムにおいて、さまざまな分野にわたって関係者の活動をサポートするには、進行中のプロセスについて信頼できるステータスを把握することが不可欠です。

キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンスは、初期の設計とエンジニアリングから建設、運用、廃止まで、プラント ライフサイクルのあらゆる段階で一貫した信頼性を提供します。情報構造化からアクティビティ データ モニタリング、要件のトレーサビリティーから知的財産の分類まで、ビジネス プロセス制御、プロジェクト ガバナンスを可能にするナレッジを入手でき、実行の継続的な改善を推進します。

58 seconds

キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンス のベネフィット

  • スケジュールの逸脱を減らし、コスト超過を軽減

    プロジェクト実行中の可視化をさらに向上させるリアルタイムのレポートやダッシュボードを通じて、関係者が情報を容易に入手できるようにすることで、リスクを検出します。

  • 日々の生産性を高め、ナレッジの再利用を増やす

    複数の部門から収集した信頼できる情報を単一のソースとして構築し、最新の状態を保って将来的な参照のために活用します。最近のレポートでは、大規模なプラント建設プロジェクトで 6% の生産性向上が報告されています。

  • コンプライアンスを促進して、引き渡しプロセスを合理化

    契約や規制上の義務を早い段階で確認し、監査や将来のプロジェクトに関する明確な記録を維持することにより、コストのかかる修正や時間のかかるレビュー、検証活動の労力を節約します。

キャピタル・ファシリティ・インフォメーション・エクセレンスのパワーを取り入れる

統合されたデジタル エクスペリエンスを提供することで革新をもたらし、エネルギー・プロセス産業プロジェクトのエンジニア、建設、運用、デコミッショニング方法を促進。

成功事例

McDermott

3DEXPERIENCE プラットフォームは、上流の石油施設やガス施設でバーチャルと現実を統合して同期します。 McDermott International 社の Vaseem Khan 氏は、ダッソー・システムズ・ソリューションの 3DEXPERIENCE Twin「クレードル・トゥ・グレイブ」を構築、維持し、有益に活用する一つの手段を詳述しています。

21 分 4