1. デコミッショニング・エクセレンス

デコミッショニング・エクセレンス

安全を確保して環境を守る

available on premise

何十年も前に建設された多くの原子炉が終焉を迎える中、原子力発電所の廃炉は、公衆および規制当局の厳しい監視に直面しています。施設を廃止するオーナーや事業体には、設計データと操作データが不完全で不正確な場合でも、人員の放射線被ばく量を予測することが求められます。同時に、処分を最適化するため、放射性物質の在庫精度を確保しながら、初回から適切な解体計画と実行を保証する必要もあります。

デコミッショニング・エクセレンスは、オーナーや事業体に、あらゆる資産と廃棄物インベントリーを記録管理できる、統一された環境を提供します。バーチャル環境で廃棄作業を視覚化し、シミュレーションできるので、現場作業員の安全性が高まり、コストと環境への影響を軽減できます。

デコミッショニング・エクセレンス のベネフィット

  • 現場作業員の安全を確保

    デジタル シミュレーションを使用して、作業員が廃止措置プロセスを訓練して最適化することで、月間最大 2,000 時間の訓練を節約でき、健康と安全をより確保できるようになります。

  • 環境への影響を最低限に抑える

    放射性廃棄物在庫のデジタル モックアップを提供することで、処分と保管の信頼性が向上し、放射線被ばくリスクを低減します。3D モデルをエンジニアリングおよび放射線のデータや資料と統合することにより、廃止プロセス全体を通じてナレッジが集約されます。

  • 公共の承認を得る

    計画から廃棄までの廃棄物生産ライフサイクルを管理し、トレーサビリティーとアカウンタビリティを改善し、放射性廃棄物サイクル全体にわたってリアルタイム制御を提供します。危険な物質のクリアランスが計画され、現場で予定されていない作業や最終段階の作業が軽減されるので、スケジュールを維持するのに役立ちます。

  • デコミッショニングのコストを最低限に抑える

    デコミッショニング・エクセレンスは、オーナーや事業体に、識別からゾーニング、汚染除去、クリーンアップ、解体、処理、一時保管、避難に至るまで、3D バーチャル プラント モデルで廃炉プロセスを計画し、実行できる統一環境を提供します。作業員の実行可能性と人間工学に基づいたシミュレーションを実行したうえで、最良のアプローチを選択することができます。

  • ナレッジの再利用を最大化

    過去のプロジェクト経験を記録して、将来の廃炉プログラムの実行時間を短縮します。ベスト プラクティスが資産化されるため、将来の効率を改善し、企業が支援する手続きを確実に使用できるようにします。

デコミッショニング・エクセレンスのパワーを取り入れる

統合されたデジタル エクスペリエンスを提供することで革新をもたらし、エネルギー・プロセス産業プロジェクトのエンジニア、建設、運用、デコミッショニング方法を促進。

デコミッショニング・エクセレンスに含まれるもの

インダストリー・プロセス・エクスペリエンスを見つけて、弊社ソリューションの詳細をご確認ください。いずれかを選択して、3DEXPERIENCE® プラットフォームの機能をご覧ください。