1. エンジニアリング・エクセレンス

エンジニアリング・エクセレンス

ゼロ デフェクトのエンジニアリングを達成

available on premise

エネルギー・プロセス産業のキャピタル ファシリティのエンジニアリングには、さまざまな分野の多くの関係者が関わり、多様なツールを使用してサイロ化された状況で作業が行われます。 その結果、プロジェクトや資産のライフサイクル全体にわたって一貫性と効率性が欠如し、収益性に関するリスクにさらされることにつながります。

エンジニアリング・エクセレンスは、エンジニアリング、調達および建設会社、オーナー、事業体に効率的に「ゼロ デフェクト」のエンジニアリングを実現する統一環境を提供し、新しいキャピタル ファシリティの設計と建設だけでなく、既存の設備の近代化と寿命延長もサポートしています。

1 minute 5

エンジニアリング・エクセレンス のベネフィット

  • アウトプット品質を強化

    要件と変更管理を組み込み、すべての分野の 2D と 3D 設計を同時に管理し、設備開発を完全に可視化します。各エンジニアリング成果物の品質をコントロールする時間を 30% 短縮できたことが複数の企業から報告されています。

  • ナレッジの再利用を増やす

    単一プラットフォーム上で、システム エンジニアリングに対するモデルベースのアプローチを使用して、施設全体の機能的な落とし込みを効率的に管理します。複雑なシステムを、明確かつ完全に追跡可能なパッケージに迅速に分解でき、将来的に再利用するためのベスト プラクティスを捕捉できます。

  • 引き継ぎプロセスを合理化

    コストがかさむ原因となりうるサイロと異種ツールを排除。デジタルな連続性を活用して、企業で引き継ぎ時に生じる複雑なエラーを回避しながら、ファシリティ ライフサイクルのすべての段階間でシームレスな移行を達成できます。レポートによると、フィールド デザインのエラー発見率が 60% 低下したと報告されています。

  • エンジニアリング設計リワークを回避

    統合シミュレーションを通じて、構造、フローシステム、および機器の実際の複雑な動作をモデル化します。すべての建設、運用、保守活動の厳密なバーチャル テストを行えるよう、複雑なシナリオのシミュレーションをサポートし、設計プロセスの早期収束をもたらします。図面の改訂作業を 25% 削減できたという報告が企業から寄せられています。

エクセレンス・エンジニアリングのパワーを取り入れる

統合されたデジタル エクスペリエンスを提供することで革新をもたらし、エネルギー・プロセス産業プロジェクトのエンジニア、建設、運用、デコミッショニング方法を促進。

エンジニアリング・エクセレンスの一部

インダストリー・プロセス・エクスペリエンスを見つけて、弊社ソリューションの詳細をご確認ください。いずれかを選択して、3DEXPERIENCE® プラットフォームの機能をご覧ください。