マルチディシプリン・シンセシス

背景情報を加味した意思決定を行うため、高度に統合された機能的なデジタル モックアップを作成

マルチディシプリン・シンセシスは、さまざまなソースからデザインを収集し、包括的なバーチャル プラント モデルを構築するための、統合および相互運用性機能(ISO 15926などの標準に基づく)を提供します。エンジニアリング、建設、運用段階の間でキャピタル ファシリティ情報を引き継ぐためのコストを大幅に軽減するように設計され、パッケージ化された機能です。

さらに、マルチディシプリン・シンセシスでは、設計ツールに依存しない単一の 2D モデルや 3D モデルで完全な設計検証を実行でき、衝突解析を行え、また安全距離プロトコルが採用されているため、コストのかかるエラーの原因を減らせます。ライフサイクル全体でバーチャル プラントを管理し、建設シミュレーションも行えるので、状況の変化による遅延を減らし、ダウンタイムや QHSE関連インシデントを最小限に抑えながらメンテナンスを最適化できます。

マルチディシプリン・シンセシスの詳細を見る

マルチディシプリン・シンセシスの主な機能と利点をご覧ください。ダッソー・システムズの専門家にお問い合わせいただくか、別途見積もりをご依頼ください。