健康、安全、環境規制の厳格化

規制、契約、要件を効率的に管理してコンプライアンスを促進

プラント建設プロジェクトの確実な引き渡し

IDC は、石油産業やガス産業の一部企業で既に採用されているベスト プラクティスを分析します。こうしたプラクティスを、他のエネルギー・プロセス産業にも適用することができます。

資産を包括的にリアルタイムで把握

キャピタル ファシリティをエンジニアリング、建設または運用する企業は、厳しくかつ絶えず変わり続ける規制と要件に準拠する必要があります。これを怠ると、プロジェクトが遅延する恐れがあり、それがしばしばペナルティの対象となります。企業に対する責任追及はこれまでになく厳しくなり、資産のライフサイクル全体を通じて準拠状況を確認できるように、すべてのプロジェクト関係者が情報に容易にアクセス可能である必要があります。

エコシステムとの適切な情報の共有:

Picto > Certification approval > Dassault Systèmes®
認定機関に迅速かつ正確に対応する。
Picto > Risk focus > Dassault Systèmes®
非準拠の状況を特定して早期に修正する。
Picto > Rework > Dassault Systèmes®
収益性と資産のパフォーマンスに悪影響を及ぼす手戻りを削減する。

コンプライアンスを促進する統合プラットフォーム

市場や環境の変化により、プラントはますます厳しい基準や規制を遵守しなければなりません。

3DEXPERIENCE® プラットフォームにより、企業はプロジェクトの初期段階で規制や要件を組み込むことができ、施設のライフサイクル全体にわたって、この情報をシームレスに管理できます。その結果、コンプライアンスがプロジェクトの進行に伴って検証されるため、エンジニアリングのサイクル時間が短縮されます。さらに、エラー検出の遅れまたは非検出のリスクが軽減されます。

成功事例

3DEXPERIENCE による適合性評価の変革

ビューローベリタス社は、ダッソー・システムズ 3DEXPERIENCE プラットフォームにより、原子力施設における圧力機器の初期段階での仕様から輸送、施工、運用に至るまで、デジタル・コンティユニティを実現しています。製品情報を単一の統合プラットフォームで一元管理することで、関係者は最新バージョンの製品データにアクセスして対応することができ、認証サイクル・タイムとトレーサビリティの迅速化が図られています。

2 分 16

このプラットフォームは、原子力分野に新しいサービスをもたらします。単なるデジタルツールの枠を超えた、コラボレーティブなプラットフォームにより、誰もがリアルタイムに共同作業を行い、情報を共有することができます。

ジーン・ピエール・デュラン氏
ビューローベリタス社、技術開発部デジタル・イノベーション部長

エネルギー・プロセス産業の課題