オペレーション・エクセレンス

信頼できる予測可能なパフォーマンスを提供

要件と規制の変更、コスト圧力、作業員の離職が相まって、複雑な生産設備の運用や生産と保守の優先順位のバランスを取ることが、ますます困難になっています。最適な生産効率を目標とし、業務の合理化を図るために、企業は多面的で予防的なアプローチを取り入れる必要があります。

オペレーション・エクセレンスを活用すれば、エネルギー、プロセス、 ユーティリティー業界のオーナーや事業体は、最高レベルの安全性と品質基準への準拠を確保しながら、運用効率を向上させ、生産のダウンタイムを最小限に抑えることができます。 また、エンジニアリング、調達、建設会社は、デジタル技術の支援を受けて、プラントを引き渡し、維持する新しいビジネス モデルを開発し、差別化を図ることができます。

58 seconds

オペレーション・エクセレンス のベネフィット

  • 現場作業者の安全と効率を確保

    機能性と擬似性の高いバーチャル プラント モデルで、作業を準備して予行することで、労働者の安全と効率を向上。停電時のシャットダウン期間が全体で 1 ~ 2 日短縮したという報告が企業から寄せられています。

  • 資産の可用性を最大限に高める

    予測的な保守戦略を実施し、運用中の資産をよりよく監視することにより、計画外のダウンタイムを削減。

  • リソースの稼働率を最適化

    資産をデジタル化したり、ビジネス プロセスをデジタル ワークフローに転換したりすることで、全体的な効率に悪影響を及ぼす問題を早期発見して解決し、業務を最適化するのに役立ちます。

オペレーション・エクセレンスのパワーを取り入れる

統合されたデジタル エクスペリエンスを提供することで革新をもたらし、エネルギー・プロセス産業プロジェクトのエンジニア、建設、運用、デコミッショニング方法を促進。