銀行・金融

ビジネスをデジタル化することで、規制要件に対応し、上流思考を可能にする。顧客中心のイノベーションの時間を確保し、変化する顧客の要求に対応。

『Asset and Wealth Management: Promise and Pitfalls』

デジタル・テクノロジーをビジネス全体に統合すると、効率を改善し、透明性を向上させ、オペレーション・コストを削減する効果があります。

ビジネスの課題

ガバナンスと管理の強化

厳しさを増す規制、変化する顧客の要求とレガシー・システムに直面する金融機関は、法令遵守と管理にかかるコストの削減を迫られています。

ビジネス・バリュー・チェーン全体をデジタル化することで、顧客、商品、データの管理方法に変革をもたらし、リアルタイムのアクショナブル・インサイトとライフサイクル管理を実現できます。医薬品・医療機器のような厳しく規制された事業への実装に成功し、デジタル化によって、負担になっていた規制を競争上の優位性に転換しています。競争上の優位性と持続可能な成長を促進する、マスカスタマイゼーションに適したソリューションの開発が可能になります。

MiFID II (金融商品市場指令)は、サービスの品質強化の促進剤となり、サービスの急速な発展を促します。

Angelique Angervall 氏
スウェドバンク MIFID II & IDD 担当プログラム・マネージャー
ビジネスの課題

顧客を中心に置いた情報に基づく意思決定

「破壊的革新を生む」鍵として普及し始めたデジタル化技術は、金融機関が収益を増やして、マスカスタマイゼーションや変化する顧客の要求に対応する際の支援となります。

プロダクト・ライフサイクル全体のプロセスをデジタル化して自動化することで、金融機関は最大限に効率を上げることができます。時間的な制約から解放されて、コラボレーティブ・イノベーションの文化が生み出され、顧客ニーズに合わせてソリューションをカスタマイズすることが可能になります。これによって、市場投入までの時間が短縮されて競争優位に立つことができるため、市場投入時間が加速します。

ビジネスの課題

市場投入までの時間を短縮

世界経済は停滞し、収益の自然な流れが減少するなか、金融機関にとって最初に商品を市場投入することは、より多くの資産を得るために必要不可欠です。新たにテクノロジーの中心となっているデジタル化は、プロセスの自動化を強化してプロダクト・ライフサイクル全体をデジタル化し、効率の改善、オペレーション・コストの削減、市場投入までの時間短縮を実現します。レガシー・システムや従来の考え方から脱却するには、強力なリーダーシップも重要なポイントです。