3 min read

適応力は第二の特性

イノベーション企業は、市場を改革する製品とエクスペリエンスを首尾よく提供できる適応能力を備える必要があります。

イノベーション企業にとって、急激な変化は課題であると共に成功の機会でもあります。技術が変革の新たな道を切り開いている現在においても、これは基本的に変わりません。適正な適応能力を備える企業が、変革を達成します。

イノベーションの波

変革的なイノベーションは、一定の流れで押し寄せるわけではありません。文明の成長はイノベーションの波動を通じて評価できます。

イノベーション企業の定義とは?

適応力を備えるには、概念着想からその実現に至るまで、既存のビジネス・プラクティスを見直す必要があります。これにより、ハイテク企業は、自社の変革プログラムによって推進される、新しい画期的なカスタマー・エクスペリエンスを創出することができます。

無数の技術上およびプロセス上の複雑さを克服するために、組織的な適応力を高める安全かつ実用的な方法はあるでしょうか? 次の3つの主要な領域でその答えが見つかります。

顧客とのかかわり方を変える

ハイテク・イノベーション企業は、イノベーションは何もないところからは生まれないことを認識しています。革新的なエクスペリエンスを提供するには、より迅速で有意味な顧客とのかかわり方が重要になります。

製品の設計方法を変える

デザインから複合領域設計、製造にいたるまでを完全に同期することが非常に重要です。これは技術ファンクションとビジネスファンクションで構成されます。常に初回から適切に行うための前提条件です。

バリュー・ネットワークの編成を変える

ハイテク・イノベーション企業は、ビジネス・エコシステムを活用して真に価値のある共創を推進し、より効果的に価値の実現を同期して、製品開発をスピードアップする必要があります。

貴重なアセットを変革して、報酬を大幅に向上

適応力が第二の特性になると、急激な変化を機会に転換することができます

既存のビジネス・プラクティスをデジタル化するだけでは、適応力は備わりません。着想から製品供給さらにその先まで、ビジネス・ジャーニーを完全に見直すことによって、現状に疑問を持つことです。新たな収益の流れ、製品カテゴリー、ビジネスモデルが拓かれる中、イノベーション企業は自社に問いかける必要があります。複雑さを克服して顧客リスクをなくす、革新的なメソッドがありますか?