家電機器

エクスペリエンスのインターネットの出現でイノベーションを実現

スマート家電のイノベーションを加速

3DEXPERIENCE で、全チームを単一のコラボレーティブ・プラットフォームに接続。

ビジネスの課題

ユーザー・エクスペリエンスを考案

ユーザー・エクスペリエンスは、感情の世界と現実の世界が接触する場であり、ユーザー・ジャーニーの各タッチポイントで満足感をもたらします。各社はこれを意図して、消費者指向型の文化に転換しつつあります。この変革をツールとプロセスによってサポートし、高品質で差別化された電子デバイスの設計と引き渡しを加速することが必要です。

「これからの設計者は、強力な 3 D バーチャル環境を活用し、あらゆるものを構築、作成、モデル化、テストする必要があります。それはすでに始まっています。」

Olivier Blanchard 氏
Futurum Research 社、Senior Analyst
ビジネスの課題

「エクスペリエンス思考」を活用

「エクスペリエンス思考」とは、五感を通じたユーザー・インタラクションにコンテンツやサービスを組み合わせることにより、製品を適切な顧客エクスペリエンスに転換する方法を考え出せることです。このようなエクスペリエンスをデバイスの製品寿命にわたって強化し、ソフトウェアから提供されるインテリジェンスを活用する必要性がますます高まっています。

「企業が将来のイノベーションの姿を想像する土台として、顧客エクスペリエンスの重要性が高まっています。」

オリビエ・リベ
ダッソー・システムズ、インダストリー担当バイス・プレジデント、ハイテク業界担当バイス・プレジデント
ビジネスの課題

ソフトウェア主導型イノベーションを推進

家電機器のイノベーションは、ソフトウェアを介して提供される機能にますます依存するようになっており、ソフトウェアの提供と複雑さが大幅に増しています。ダッソー・システムズは、コネクテッド・エクスペリエンスのシステムズ・エンジニアリングを統合するオープンプラットフォームを提供し、ハードウェア、エレクトロニクス、ソフトウェアの一元管理を可能にします。

「モデルベース・システムズ・エンジニアリングを使用せずに、ソフトウェアを提供するのは難題といえます。」

オリビエ・リベ
ダッソー・システムズ、インダストリー担当バイス・プレジデント、ハイテク業界担当バイス・プレジデント
ビジネスの課題

増え続ける製品とプロセスの複雑さを克服

市場とサプライチェーンのグローバル化、多様化、規制は、家電機器 OEM企業に複雑性という多大なプレッシャーをかけています。NPI バリューチェーン全体の完璧な統合は、限られたコストと納期の中で、高品質な製品を市場に投入するための前提条件です。

3DEXPERIENCE には、将来に備えるための基盤があります。このプラットフォームにより、開発の始めから連続生産までの要件を特定できます。」

Ernst Dober 氏
V-ZUG 社、Head of Development and Services
ビジネスの課題

製品のパフォーマンスとコンプライアンスの確保

製品故障や製品回収が早期に発生すると、金銭的にもブランドの評価面でも、非常に大きな犠牲となるのは周知の事実です。

リアリスティックなシミュレーションにより、デバイスや設計製品に及ぼされる影響を予測することで、顧客使用時の応力やひずみに耐えることができます。

「究極の目的は、お客様にとって可能な限り最高の製品を開発することです。SIMULIA のツールは、そのために役立っています。」

Morten Birkmose Søndergaard 氏
GN ReSound 社、Senior Acoustic Engineer
ビジネスの課題

変動的な需要に対して生産を最適化

産業用モノのインターネット (IIOT) は、さらに高度なインテリジェンス、自動化、精度でプランニング、製造、流通の情報を活用することで、ビジネスの意思決定を加速しています。

製造計画、実行、需要計画を単一のプラットフォームにデジタルに統合することで、競争の激しいコスト重視の今日の市場においても、要求される生産スピードとアジリティを実現できます。

「当社のデマンド・マネージャーたちは、プランニング・ソフトウェアの制約を受けることがなくなったため、予測の精度の向上に注力できるようになりました。」

Evelien Klein 氏
NXP 社、Director of Demand Management

3DEXPERIENCE について

専門的な目標やビジネス上の目標の達成を支援する、ダッソー・システムズのインダストリー・ソリューションをご確認ください