マテリアルズ・オプティマイゼーション

バーチャル設計を通じて次世代エレクトロニクスの核を創り出す

エネルギー消費が少なく、より小型でより強力な電子機器のニーズ拡大に伴い、トランジスタのサイズは小さくなり、材料の検討や選定のために原子レベルの相互作用を調べるレベルまで達しています。希少金属への依存を減らし、化学プロセス中の毒素の生成と排出を防ぐためには、新しい材料のイノベーションも必要です。

マテリアル・オプティマイゼーション・ソリューションにより、研究者はさまざまな半導体材料をモデル化し、最適化することができます。ALD (原子層堆積法)の前駆体の設計機能は、表面への吸収を向上させます。また、高度な電子伝達方法により、分子電子の伝送および電流電圧を正確に予測できます。マテリアル・オプティマイゼーションは、高誘電体のモデリングと最適化も備え、半導体特性へのドーピング効果を理解するのに役立ちます。