1. ハイテク業界向けオペレーション・エクセレンス
  2. エンバイロンメンタル・レギュラトリー・コンプライアンス

エンバイロンメンタル・レギュラトリー・コンプライアンス

競争優位性を生むコンプライアンスの確保

グローバルな環境、医療、品質規制が拡大する中で、ハイテク企業はコンプライアンス・プラクティスを継続的に導入、拡張していく必要があります。RoHS (特定有害物質使用制限)、WEEE (電気電子機器廃棄物)、REACH (化学物質の登録、評価、認可、および制限)、ISO 26262 といったグローバルな規制義務は、ハイテク企業に多大なリスクと経費を課しています。

エンバイロンメンタル・レギュラトリー・コンプライアンス・ソリューションにより、製品開発プロセスの不可欠な要素として「コンプライアンスを考慮した設計」を取り入れることができます。設計から廃棄までの製品ライフサイクル全体を通じて、材料データと規制情報へのアクセスと分析が一元化され、準拠プロセスが自動化されます。その結果、複数市場へのコンプライアンスをより容易に達成して、制裁金、発売延期、リコール、顧客満足度の低下、イメージダウンなどのリスクを低減できます。