1. ハイリー・パフォーミング・システム

ハイリー・パフォーミング・システム

エンジニアリングの動的システムの効率性の増大により、性能の最適化を実現

クラウドで利用可能 オンプレミスで利用可能

民生および産業向けのあらゆる新しいスマート・コネクテッド・デバイスにおいて、イノベーション企業ではアプリケーションと機能の飛躍的な成長という課題に直面しています。これは開発プロセスに多大な複雑さとリスクをもたらします。

ハイリー・パフォーミング・システムでは、コラボレーティブな MBSE (モデルベース・システムズ・エンジニアリング) を可能にするプラットフォームを提供し、要件管理、システム・アーキテクチャ、性能検証を一元化します。これにより、プロジェクトの期間とコストを大幅に削減し、システム・イノベーションの早期段階で、より多くの設計案を検討できます。

ハイリー・パフォーミング・システム のベネフィット

  • エンジニアリングの生産性の向上

    多領域システム・アーキテクチャに対処。

  • 新しい市場要求に対処する敏捷性の向上

    共通のプラットフォームで要件の依存関係、変更の影響、テスト計画を管理。

  • 市場投入までの期間を加速

    マルチスケールの協調シミュレーションと結果分析のために統合されたプラットフォーム。

  • エンジニアリング・ノウハウを資産化

    機能、技術コンポーネント、物理的な部品など、エンジニアリング資産を有効に再利用。

エンジニアリングの動的システムの効率性の増大により、性能の最適化を実現

システムエンジニア向けのオープンなモデルベースのコラボレーション・プラットフォームであるハイリー・パフォーミング・システム・ソリューションでは、エンジニアリングの動的システムの効率性を増大させ、性能の最適化を実現します。

成功事例

富士通ネットワークコミュニケーションズ社のビデオ

3DEXPERIENCE が、要件とテスト・ケース管理プロセスの統合をどのように支援するのかご確認ください

3 分 11