パーフェクト・パッケージング・デザイン

デザイナーとエンジニアのシームレスなコラボレーションにより、パッケージ・デザインを最適化

パッケージング・エンジニアは、パッケージのコンセプトを最初から作り直す必要に迫られることが少なくありません。非互換のファイル形式や詳細なデザインがない場合、3D デザインに変換すると、主要なデザイン要素が失われてしまうことがあります。マーケティング、製造、購買部門だけでなく、社外のデザイン事務所、アートワーク・スタジオ、金型エンジニア、サプライヤーが独自のシステムで作業するため、パッケージ設計を最適化するのに何度も手戻りが発生します。その結果、開発に時間がかかりすぎ、最適とはいえないパッケージングになりがちです。 パーフェクト・パッケージでは、スタイリングと機械形状デザインを密接に統合することで、コンセプトを素早く適格なデザインに変換します。また、構造負荷解析を実行し、必要な技術仕様にすべて対応したデザインを確保します。エンジニアはオートメーション、材料や部品のライブラリ、ワークフローを構築して、新しいパッケージの開発を加速したり、既存のパッケージング・デザインを各地の消費者のニーズに合致したものにすることができます。 パーフェクト・パッケージは、パッケージング・エンジニアがあらゆるタイプのパッケージ(1 次、2 次、3 次パッケージ)に対応できる独自のソリューションです。

エンジニアリング・プロセスを加速 

自動化ツールを使用してデザインを改良し、プッシュアップ、ネック、スレッドなどのボトル要素を自動的に追加