技術サプライヤー

「小型、高品質、高速」の実現

ハイテク企業の持続可能な成長が可能

オンデマンド・ウェビナー『中規模メーカーに最適な PLM』をご覧ください。中小規模のハイテク企業における PLM の活用方法を紹介しています

ビジネスの課題

より多くの、より高収益のビジネスを獲得

手動による入札プロセスでは、機会評価のスピードと正確性に欠け、入札のリスクを高めかねません。受注率を最大化しながら、収益に見合う複雑な要件を確保するには、入札プロセスを、技術システムと業務システムを完全に統合して、標準化、自動化されたものにする必要があります。

ビジネスの課題

開発プロセス全体で「お客様の声」に耳を傾ける

強固な要件管理(RM)戦略を採用することで、製品の複雑さを管理しやすくなり、上市までの時間を最短化できます。RM システムの統合により、顧客中心型の要件を取り込み、設計、エンジニアリング、テスト、受注処理の全サイクルにわたって伝達、反映できます。潜在的な問題や変更指示の件数が減り、品質が向上し、サイクルタイムを加速します。

ビジネスの課題

アジリティ実現に向けた「インビジブル・ガバナンス」の活用

自動化されたプロジェクト管理プロセスでは、品質と効率が向上します。ダイナミックなダッシュボードにより、主要なスケジュール、マイルストーン、リソース、コスト指標に関する自動化されたリアルタイムのレポートが得られ、プロジェクトをスケジュールどおりに遂行できます。非介入型のガバナンスがもたらされることで、従業員はスケジュールを遵守でき、管理者はリソースを最適化し、潜在的なボトルネックを検出して、業務に影響が及ぶ前に対処できます。

「エンジニアが付加価値のある仕事に費やしているのは、つまり、イノベーションや開発設計などに本当に注力できているのは、持ち時間の半分ほどにすぎないことが判明しました。」

Jim Brown 氏
Tech-Clarity 社、社長
ビジネスの課題

中規模メーカーに最適な PLM

PLM は、基本的な製品ライフサイクル・プロセスを改善するために、OEM 企業で長年使用されてきました。現在は、最新の技術進歩とベスト・プラクティスにより、サプライヤーは次世代の PLM を活用して、複雑性を増す製品と市場をより適切に管理しています。

「最初に導入したシステムが役立たないというのは、自分で自分を追い込んでいるようなものです。」

Jim Brown 氏
Tech-Clarity 社、社長
ビジネスの課題

カスタマイズ化のコストを削減してダイナミックな市場で成功

電子機器およびソフトウェア主導型の機能に対する需要が増加する中、機械エンジニア間の緊密なコラボレーションは市場での成功に不可欠なものになっています。すべてのエンジニアリング分野に共通のプラットフォームによって、この課題は克服できます。機械と電子の設計や検証のワークフローを統合することで、部品と設計の再利用が促進され、バリエーションの開発が加速されて、複雑かつ動的な要求に対応することができます。

ビジネスの課題

システム開発の複雑さを克服して持続的に成長

システムズ・エンジニアリングでは、性能、機能、価格のバランスを最適化して、複雑なシステムの開発を支援します。モデルベース・システムズ・エンジニアリングでは、分野をまたぐコラボレーションを促進します。このコラボレーションは組織の枠を越えて、さらに広がります。OEM 製品の複雑さが増す中、サプライヤーは、コンポーネントとそれが組み込まれる大規模システムとの間のインターフェースに十分に注意を払わなければなりません。

ビジネスの課題

リアリスティックな仮想テストで製品性能を最適化

複雑なシステムの開発には、リアルなシミュレーションが不可欠です。それにより設計者は、スタンドアローンとしても大規模なシステムの一部としても、製品の動作を理解して予測できるようになり、トレードオフをより適切に管理できます。開発サイクル全体にシミュレーションを取り込むと、物理的なプロトタイプとテストが最小限に抑えられ、コストを削減し、上市までの時間を加速できます。