1. 情報通信、計算およびネットワーク

情報通信、計算およびネットワーク

デジタル変革の活用

3DEXPERIENCE によるビジネス変革

エリクソン社が成長を維持するために 3DEXPERIENCE プラットフォームを活用

課題

社内外でのデジタル変革

イノベーティブな通信事業者、インフラ企業、デバイス・メーカーなどは、困難な課題に対応するために、デジタル世界の複雑な競争をより適切に管理するための社内変革を求めています。これには、ハードウェア主導型の製品の製造から、ハードウェア、ソフトウェア、サービスを組み合わせた製品の開発への移行を進める変革も含まれます。

3DEXPERIENCE では柔軟なシステムがもたらされ、ビジネスに合わせてスケールアップ、スケールダウンすることができます。」

Johan Torstensson 氏
エリクソン社、CIO
課題

新しい競合と新しい機会

情報通信、計算およびネットワーク業界における主要な課題は、ブロードバンド、メディア、情報技術分野の集約が続き、新たな競合相手が出現していることです。モノのインターネット、モバイル決済、5G ネットワーク、クラウド・コンピューティングなどのデジタル改革は新たな機会をもたらしますが、そこに活路を見出そうとする情報通信企業は、従来の競合に加えて非情報通信企業との競争にも直面しています。

課題

開発全体を通じて「お客様の声」に耳を傾ける

競争の激しい情報通信業界で成功するには、魅力的な顧客エクスペリエンスを開発し、パーソナライズ化されたサービス、徹底したカスタマー・サポート、高いネットワーク品質を確保することが必須です。

これを達成するには、ソーシャル・アイディエーションを通じてイノベーションの境界を広げ、製品とサービスのライフサイクル全体にわたって顧客要件を明確化、把握、反映、検証する必要があります。

課題

モジュラー化の構成可能な製品により、顧客の多様性に対応)

モバイル機器、地上設備、衛星、地上局などの製品は、常に複雑さを伴うものでした。この複雑さを軽減し、コストを削減して、上市までの時間を大幅に短縮するために、情報通信、計算およびネットワーク企業では、モジュラー化のバリエーション中心の製品開発を導入し、ハードウェア、ソフトウェア、サービス・コンポーネントにモジュール性を適用しています。

課題

変動的な需要に対応する柔軟な製造

産業用モノのインターネット (IIOT) は、さらに高度なインテリジェンス、自動化、精度による計画、製造、流通の情報を活用して、ビジネスの意思決定を加速しています。

製造計画、実行、需要計画を単一のプラットフォームにデジタルに統合することで、競争の激しいコスト重視の現在の市場においても、要求される生産スピードとアジリティを実現できます。

課題

PLM 分析を活用してパフォーマンスを向上

常に競合に先んじるには、意思決定をよりスマートかつ迅速に行うことが不可欠です。営業担当、プロジェクト・マネージャー、上級管理者を問わず、各タスクのニーズに合わせた簡潔でタイムリーな情報が必要です。

これはハイテク業界のイノベーションと製品開発において特に重要です。