スマート・システム・エンジニアリング

複数分野でのすり合わせを通じて製品性能を分析

現在、消費者製品にインテリジェンスを構築することで開発の複雑さが増しています。このため、製品の機能と性能をできるだけ早期に検証することが求められ、またマーケット・リリースを遅らせる可能性がある無駄な時間のかかる後期段階での変更のリスクをできる限り早期に検証する必要があります。設計を確定する前に、製品の使用から得られる情報を分析して考慮に入れ、意図した性能の実現を確認する必要があります。

スマート・システム・エンジニアリングでは、システム・アーキテクトはシステム設計の要件、システム・アーキテクチャおよび物理的な挙動を管理する、さまざまな分野のデジタルな連続性に基づくモデルベースのシステム・エンジニアリング・アプローチを活用できます。このソリューションにより、問題を早期段階で発見して設計の変更ができ、スケジュールへの影響が軽減します。エンジニアが製品のアーキテクチャに関して共通の理解を深めて共有し、仕​​様に基づく機能の一貫性を確保し、代替を検討して、最高のコスト/パフォーマンス比を示すアーキテクチャを定義できます。